FC2ブログ

オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、アクセサリー制作など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ラジオ絵巻】将門記12話(信濃千曲川の戦い)

138633279_3559924700781957_4540370151451072175_o.jpg

皆様こんにちは。Padmaでございます。
いつも閲覧ありがとうございます。

こちらはYoutubeで配信中の 
「赤蓮華ラジオ絵巻」内容まとめ記事です。  

しょうもんき 将門記

本日は「将門記」第12話です。

前回は、スパイの情報を得た良兼おじさんの軍が
石井の営所に夜襲をかけてきましたが
将門陣営の少数精鋭のがんばりでピンチを切り抜け
逆に良兼軍をコテンパンにしたというお話でした。

前回の配信はこちら


それでは、続きを読んでまいりましょう!

将門さんの従兄弟、
貞盛君が動きます。

fc2blog_20201027184239e63.jpg

貞盛君は、
最初からこの戦いには乗り気ではなく
おじさん達に無理やり引っ張り出されて
いやいや参戦しておりましたよね。

この間もずっと悩んでいたんでしょうね。

乱れて野蛮な東国にいるのは嫌だ、
やっぱり花の都に帰って出世の道を進みたい
と考えています。

名誉や出世の道を失うことは
悪事を働くよりも悪いんだ!!

ということで、
承平8年2月、
貞盛は東山道を通って京都に向かいます。

これを耳にした将門さんはこのように考えます。

fc2blog_20201106113431097.jpg

貞盛は戦いで負けた汚名もまだ雪げていないことだし
きっと、将門が自分よりも強くて正しいことを妬んでいるのだろう。
都で将門の悪評を流したり、嘘の証言をしたりするのではないか。

そう思って、すぐに兵を集めて貞盛を追います。

信濃の国(長野)で追いつき、千曲川で合戦しますが
決着はつきません。

戦いの中で、両軍で有力な武士が死傷しています。

貞盛軍の他田(おさだ)真樹(平真樹とは別人)は矢に当たって死に
将門軍の文室(ふんや)好立は矢に当たったが生き残りました。


貞盛君はというと、
幸運にも山の中に逃げ隠れることができました。

惜しくも貞盛を討てなかった将門さんは
首をかきむしって悔しがり
むなしく豊田に帰ってゆきました。

fc2blog_20201027222741267.jpg

ここまでをまとめますと・・

都で出世の道を進みたい貞盛君が都へ向かうと
向こうで悪評を流されるんじゃないかと考えた
将門さんがそれを阻止しようと追いかけましたが
結局逃げられてしまった、というお話でした。
それでは本文を読んでみましょう。

それでは本文の朗読は
動画でお楽しみください


いかがでしたか?

ここまでの貞盛の動きを思い起こしてみると
けっこう賢い選択をしている気がしますし
戦いを交わしたり、逃げるのもうまくて
結局ちゃんと生き残るし、
この人って、やっぱりそういう何らかの力を持った人
なんだろうなって思えてきました。

力とか正義とかそういうものではなく
根回しとか上手い立ち回りとか、
運を味方に付けるとか
そういったところを上手にできるのて
歴史上で勝ち残っていくために
必要な力なんでしょうね。

表には見えていないところで
きっといろんな力が働いているんでしょう。

さて、
次回で将門記の前半が終わります。

半分!まではまだ行きませんが、
折り返し地点に到達するような感じです。
まだまだこの先も続きますが、
頑張って一緒に読み進めて参りましょう!

次回もお楽しみに♪

Youtubeでのラジオ絵巻配信をいたします。
チャンネル登録よろしくお願いします!
★「赤蓮華絵巻 Padmatic】
https://www.youtube.com/user/yumiko732

ベルマークボタンで通知も受けとれます♪

赤蓮華ラジオ絵巻【将門記】の再生リストで
配信済み動画をご覧いただけますよ~😊




将門の乱 前編で簡単にまとめておりますので
こちらも見てくださいね★

スポンサーサイト



| 歴史、鎧、舞 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/5371-fbca8328

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT