FC2ブログ

オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、アクセサリー制作など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ラジオ絵巻】将門記11話(将門、良兼を石井に迎撃す)

fc2blog_20201027123025ee3.jpg

皆様こんにちは。Padmaでございます。
いつも閲覧ありがとうございます。

こちらはYoutubeで配信中の 
「赤蓮華ラジオ絵巻」内容まとめ記事です。  

しょうもんき 将門記

本日は「将門記」第11話です。

10話では、将門の雑用係の小春丸が
良兼おじさんにそそのかされて
スパイとなって将門陣営の内部情報を探る
というお話でしたね。

忘れてしまった方はアーカイブをどうぞ!
前回の配信はこちら

それでは、続きを読んでまいりましょう!

承平7年(937)年12月。

スパイから将門陣の情報を得た
敵対している良兼おじさんは、
夜襲を掛けるために、
一騎当千の精鋭を80名あまり集めて、
将門さんの拠点である石井の営所に向かわせました。

その軍の兵の様子はこう書かれています。

みな弓の名手で
矢を入れる道具やなぐいを背負い
駿馬に乗り
勇ましく騎乗の鞭を掲げて
風のように疾走し、鳥のように降り立ちました。

※やなぐい・・エビラより簡略な矢を入れるもの

しかし、
将門さんは、ちゃんと重要拠点に
優秀な哨兵(見張り)を隠しております。

fc2blog_20201106113431097.jpg

この兵は法城寺あたりで夜襲軍の動きを知り
そのまま軍に紛れ込んで一緒に進み、
石井の営所の直前で密かに先に抜き出て
営所に夜襲軍の事情を伝えました。

午前6時、
敵軍に囲まれた将門陣の兵は
たったの10名にも足らず
パニックになるも、

将門さんが大声を上げて部下たちに、
敵に後ろを見せるなと鼓舞し、
自分は目をむき出し、歯を食いしばり
ものすごい形相で戦ったので
敵は恐れて逃げ出しました。

そしてその勢いで
将門さんは馬に乗り、
敵を追いかけて攻撃しました。

その日、将門さんたちは、
敵の半分の40人余りを打ち取り
逃れた者も散り散りに去ってゆきました

ここにカッコ書きで、
スパイになった小春丸についても書かれています。

将門さんの部下だったのにスパイを働いた小春丸は
天罰があり、この後、捕らえられて処刑されたようです。


ここまでをまとめますと、
良兼はスパイの情報をもとに夜襲をかけるが
将門は部下の情報と、気合で敵軍を蹴散らした
というお話でした。


それでは本文の朗読は
動画でお楽しみください


いかがでしたか?

今回は
久しぶりに将門さんの「強さ」も見れましたね。
少人数で奇襲をも蹴散らすのはスカッとしました。

さて、次回は、
将門さんと従兄弟の貞盛君の間に一波乱ありそうです!

次回もお楽しみに♪

Youtubeでのラジオ絵巻配信をいたします。
チャンネル登録よろしくお願いします!
★「赤蓮華絵巻 Padmatic】
https://www.youtube.com/user/yumiko732

ベルマークボタンで通知も受けとれます♪

赤蓮華ラジオ絵巻【将門記】の再生リストで
配信済み動画をご覧いただけますよ~😊




将門の乱 前編で簡単にまとめておりますので
こちらも見てくださいね★

スポンサーサイト



| 歴史、鎧、舞 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/5370-3bd0410c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT