FC2ブログ

オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、アクセサリー制作など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ラジオ絵巻】将門記8話(堀川の渡の戦い)

100745428_662367680985953_5240446377040805888_n.jpg

皆様こんにちは。Padmaでございます。
閲覧下さりありがとうございます。

こちらはYoutubeで配信中の 
「赤蓮華ラジオ絵巻」内容まとめ記事です。  

しょうもんき 将門記

本日は「将門記」第八話です。 

前回は都から戻った将門さんを
伯父の良兼が祖先の遺影を掲げて攻めてきたため
将門軍は何もできずに敗れてしまった
というお話でした。

前回のお話はこちら


それでは、続きを読んでまいりましょう!

敗れた将門さん、挽回しようと
すぐに兵を増やしてリベンジに向かいます。

次の合戦の場は堀越の渡場です。

そこに、おじ良兼の軍もやってきました。
その様子は大軍勢が雲のように広がり、
足音や声が雷のように轟いていました。

fc2blog_20201106113431097.jpg

この日は将門さん、
急な足の病で意識も朦朧としていました。
恐らく脚気になってしまっていたようです。

この頃の将門さんは負が重なってしまっていますね。
いくら戦いに強くても、
運が向かないと上手くいかないもんです。

将門軍は将軍がこのような状態だったので
戦い始めていくらもたたないうちに、
兵士たちは散り散りになってしまい敗走。

またもや民家や農作物などが
焼き払われてしましました。

将門さんは病の治療のために沼に隠れて潜みました。
妻と子供も他の沼に隠しましたが、良兼に捕らわれ
多くの道具類と共に奪われてしましました。

将門の妻は、実は良兼の娘でしたので、
連れ戻された形になります。

しかし、将門記によると
捕らわれた妻は、、、、

父に対してめちゃくちゃ怒っていたようで
興奮で眠れないくらい憤っていたようです

妻の将門を想う気持ちと
将門さんが妻を想う気持ちが
ここでも中国の故事を用いて描かれています。
将門記を描いた方は、
かなり中国の歴史や文学に詳しいようですね。

将門さんの妻は実家に捕らわれていましたが
ここには弟たちがいまして、
なんと、この弟たちが脱出に手を貸してくれて
妻は無事に将門さんのもとへ帰ります

娘は父ではなく将門をとり
息子たちも父ではなく姉や将門の見方をした

良兼パパ、ちょっとかわいそうな気もしますが
もしかしたら家族に嫌われていたのでしょうか?

逆に、将門さんのもとに
人が集まる感じも読み取れますね。

なんとなく、
二人の人物像がわかるような気がする
エピソードですね。

ここまでをまとめますと、
将門さんは再度戦いを挑みましたが
病のせいもあり負けてしまいます。
沼での潜伏中に妻を妻の実家に奪われましたが
妻の弟たちの助けで無事に将門のもとへ戻った
というお話でした。

それでは本文朗読は
動画でお楽しみください。


いかがでしたでしょうか?

将門さんが病気になったり、
戦いに負けたりと不利な立場にいて、
周りにいる妻たちも良兼に寝返っても不思議ではない状況で
ぜんぜん負ける気がなく将門さんと共に戦おう
という気概を持ち続けているのが
なかなかいいですね!
肝っ玉妻って感じでカッコいいなぁと思いました。

さて、次回も
将門さんと良兼さんの戦いがつづきます。
なかなか戦いの決着はつかなそうですね。

しばらく見守ってゆきましょう。

次回もお楽しみに♪

Youtubeでのラジオ絵巻配信をいたします。
チャンネル登録よろしくお願いします!
★「赤蓮華絵巻 Padmatic】
https://www.youtube.com/user/yumiko732

ベルマークボタンで通知も受けとれます♪

赤蓮華ラジオ絵巻【将門記】の再生リストで
配信済み動画をご覧いただけますよ~😊




将門の乱 前編で簡単にまとめておりますので
こちらも見てくださいね★

スポンサーサイト



| 歴史、鎧、舞 | 17:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/5338-83db82f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT