FC2ブログ

オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、アクセサリー制作など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラジオ絵巻をはじめました★【将門記】0話 失われた冒頭

皆様こんにちは。
Padmaでございます。



じつは、前々から
やってみたいなと思っていたことがあります。

歴史や神話などの古典作品の朗読。 



😊✨


やっちゃおう!!!

 

ということで、


新しいシリーズ

【ラジオ絵巻】

始めました~🏹🏹🏹


いきなり古典朗読をしてしまうと
古い言葉や時代背景、わからないことが多いと
イメージも湧かないのでは?と思いましたので

作品を読む前にちょっとした解説やあらすじ、
見どころなどをお話してから朗読する

っていうスタイルで進めていこうかと考えております。 

これって「赤蓮華絵巻らしい」コーナーじゃない!?

気楽に楽しんでもらえるような時間にしたいな~。
さっそく始めてまいりましょう! 

★★★★★★★★★★★★

 最初に読みたい作品は・・

ちょうど歴史語り動画でも取り上げております
「平将門の乱」を記した「将門記」です!!!



本日は作品を読む前に、

【将門記】ってどんな作品?ということと
物語の背景を簡単にお話しいたします。

 背景は、臣籍降下と将門の乱の動画で
もう少し細かく話しているので 
よかったらこちらもご覧くださいね♪


  



ところで皆さんは、
「将門記」って読んだことありますか?

学生の頃に古典の授業で、
源氏物語とか平家物語とか伊勢物語とか
いろいろ読みましたよね。

将門記、、、読んだことないのではないですか?

私も読んだことありませんでした。
読んでみて初めて知ったことは、

将門記が漢文で書かれていること。

66738398_2258953747545732_6970215460180590592_n.jpg

 漢文って、もののふっぽくないですか? 
【漢!(おとこ)】って感じ(笑

源氏物語などの、ひらがな文学
貴族とか女子とかのイメージで
なんかやわらか~いまろやか~
みたいなイメージがありますよね。

軍記物だと、

漢文のほうがパッと文章観た時に
強そうな?硬派な?
そんな雰囲気が漂いますよね⚔

 ということで、

「漢文で書かれた将門記」の 

書下し文を朗読してまいりますよ~。

ひらがなで書かれた古典とは、
また違う雰囲気の、言葉の響き等も
楽しんでもらえるといいですね~

内容についてですが

「将門記」は、
冒頭が残っていません。

作者も不明で、

恐らく、将門さんと同じ時代に生きた人が
乱の後に書き記したんじゃないかと言われています。

けっこう謎の多い本なのですね。

本文を要約した「抄本」がいくつか残っているので
そちらには冒頭に書かれていただろう内容も残っています。

朗読していくのは残っている部分、
なので途中からのスタートになります。

現存の本文には
恐らく戦いの始まりになった事件から残っています。
そこに至るまでの流れを少し話しておきましょう。

121397226_364441268134494_2678999939896818388_n.jpg

将門さんのおじいさん高望王は、
もともと天皇家の子孫ですが
皇族をやめて関東にやってきました。

そして自分たちで土地を切り開いて耕し、
関東に桓武平氏の土地をひろげました。

その息子たち(将門の父や伯父たち)で
土地を分けていたのですが

将門のお父さんが亡くなると、
伯父さんたちが土地を奪ってきたりして、
親戚内で喧嘩が始まります。

そして、関東には平氏だけではなく
他の氏族や源氏もいるので
土地の縄張り争いはよく起こっていたよう。

さらに、
将門以外の伯父さんたちは
源氏の娘と結婚して親戚関係を結んだりして、
将門だけを仲間外れに。

だんだん関係が悪化してきたところで
「将門記」の最初の記事につながります。

🔥平氏の親戚どうしのもめごと
🔥源氏とのつながり
🔥ほかの氏族豪族との縄張り争い
などの小さい揉め事がいくつもある状態だった

ということを知っておくと、
少しわかりやすいと思います。

そして、都にも権威があって
何か起きると坂東の人たちは、
ちゃんと都に報告したり、許しをえたりと
けっこう朝廷の意向に皆従っている様子も
描かれています。

都では、坂東人のことを
田舎ものとか野蛮などと言って
公家たちが馬鹿にしたり恐れたりしてたようですが

そうじゃない(きちんと礼を尽くしている)ってのは、
こういう記述からも分かるのではないかなと思いました。



そんな感じで、
次回から一話ずつ読んでまいりますが・・・

33話あります Σ(・ω・ノ)ノ!

ちょっと長そう?!だと思うでしょうが
それぞれ一話が短いのでご安心くださいね👍



ところで、

先日久しぶりに東京の将門塚(首塚)と
神田明神に行ってまいりました。



神田明神では
将門煎餅もゲットできました。



将門カフェなんかもあったらいいのになぁ☕

メニューは【祖父セット】と【父セット】

【祖父セット】は
将門コーヒーと高望(たかもち)➡おはぎ

【 父セット】は
将門コーヒーと良持(よしもち)➡大福

これ、どうですか?笑


 ちなみに、将門さんのお父上は
良将(よしまさ)説が有力ですが、
「将門記」では良持(よしもち)なので
お餅にしましょうよ。

118610481_950667328748503_8686595349365835848_n.jpg

なんだか、、、
どうでもいい話になってしまいましたね💦

本日はこのへんで。

次回から将門記の第一話
読んでまいりましょう。

お楽しみに。

Youtubeでのラジオ絵巻配信をいたしますので
よろしければチャンネル登録をよろしくお願いしますね!

★「赤蓮華絵巻 Padmatic】

ベルマークボタンで通知も受けとれます♪
スポンサーサイト



| 歴史、鎧、舞 | 12:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/5312-6e723840

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT