FC2ブログ

オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、アクセサリー制作など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

石見神楽東京公演2019 今年も見てきました③

石見神楽 大蛇

今年も昼の部、夜の部ともに楽しんできました♪
どっちもすご~~~~~~く!!良かったぁ✨

午後の部(第二部)振り返ってみます♪
(昼の部レビューが長くなっちゃっいましたね💦)

①儀式舞(真榊)
幣頭の小川さんの安定の舞。
シンプルな衣装と舞なので、全身の動きがよくわかります。
真剣に動きを見てしまいますね!

また、足の動きを見ていたのですが、
ゆっくり足を出して体重を乗せる時は、
足の裏の外側の縁を伝って踵からつま先の方に乗っているのかな~

廻る時の足の裏の使い方とか
腰の落とし方とか

私も踊りをやっている者のはしくれで
足の観察は趣味のようになっています。
ずっと見ていたいです。

儀式舞は、他の演目に比べると
ずいぶんとシンプルに見えますが
動きは貴族(?)より武士っぽい感じがします。

いわゆる、神社で神職さん巫女さんが舞う神楽とか
雅楽で舞う舞楽(もとは武士が踊ってのだろうけど)より
戦う人、動く人の舞!っていう印象。
たぶん音楽とかテンポのせいでもあるんでしょうけど。

それがまたカッコいいんだろうな。
戦ってる人の精神と身体で踊る儀式舞。
そんな感じでしょうか✨すてきだな。


②塵輪
天皇と武者が、異国から来た鬼2人を退治するお話。
武者の舞、鬼の舞、4人での戦いの舞
カッコいい舞が続くので、見ごたえのある演目です!

武者二人がひたすらイケイケでカッコいいし、
鬼二人はひたすら豪快で荒ぶってかっこいい!
正義のヒーローと大悪魔のデフォルメ!です。
なので、どこまで振り切ってそれぞれの役を演じ切るか、
亀山社中の皆さんの演舞見るとそこの重要さがわかります。

今年は白鬼さんの登場シーンがカッコよかったですね!
後ろの幕をくるくる回しながら舞うと
幕の表の黒と裏の青、鬼の黒金の衣装が
渦みたいに絡み合ってすごく綺麗~✨

揺れる布でポールダンスみたいにくるくる回って
とてもとても綺麗に見せて(荒くれて)いたのだけど
あれも簡単にはできない動きだろうなぁ。

鬼役カッコいい人ってすごいよなぁ~!!!

白鬼演じていた大畑さんは、
弁慶(今年は違う方でしたが)や鬼の大柄の荒くれ者役が素敵!
お面をかぶっていると、どなたが演じているかは
なかなか把握しきれていないことがあるのですが
鬼面かぶって舞うことが出来るのって、めちゃくちゃすごいことですね。

狭い視界で暴れることの難しさ、、、
面をかぶったことがある方はわかりますよね。
見えないと、バランス感覚も失われますし。
あとは、呼吸困難になるので体力的にもきつい!!

そして鵺の役や塵輪みたいに、人数も多い戦い舞だと
他の演者と動きやタイミングも合わせないといけません。
面かぶってあれらを演じること、
長年の修行がないとできませんよね、きっと!

③八十神
大国主と兄の八十神たちが、八上姫をめぐって戦うお話です。
前半は、ゆがんだ顔の八十神の兄と弟二人が
おしゃべりをして笑わせてくれます。
石見の方言がとってもいい♪かっこいいなぁ。
「〇〇け~ね」「〇〇かいの」憧れすぎて真似したくなります。

ほっとかれると2時間くらいしゃべるらしいです~( ´艸`)
東京公演では時間の制限もあって短めなので
もっとずっと聞いていたいですね!石見に行かないと♪

石見神楽、カッコいい、美しいだけじゃなく
「面白い!楽しい!笑い!」もあるのが素敵だ!
演者さんも、会場を巻き込んでいく話芸も巧みで
ほんとうに芸の幅が広くてすごいなぁ~✨

コミカルな前半とがらっと空気が変わり
後半はピリッと激しい剣舞。

さっきまでお笑い芸人だった兄神、弟神が
急に勇ましくカッコいい剣舞をみせてくれます。
おんなじ人が演じてるのがすごい。

大国主の大下さんもかっこよく登場!
昼の部でのウズメの素晴らしい女舞、コミカルな役、怨念の鬼女、
全部素晴らしいのだけど、武者役もほんとうにカッコいい!
キレッキレの戦いの舞の研ぎ澄まされている感じ!!
なんでも演じられて、細かいところまで
洗練されている大下さんからも、目が離せません♪

兄神と大国主の対峙シーン、絵になりました!!

剣の戦いは、殺陣の要素も多くて緊張感があります。
ぎりぎりのところで剣を通していきながら
激しく華麗に舞う三人の演舞は圧巻でした!
また見たい!

さらっと書くつもりが、
また長々と・・・・
あとに演目なので全部書いちゃおうって思ってたのですが
レッスンに行かねば~!!

ということで、④に続く。

スポンサーサイト



| 石見神楽 | 11:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/5165-776b1f34

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT