オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、文化紹介など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年 京丹後 白拍子の旅(3日目:贅と羽衣伝説)

白拍子の旅の最終日。
舟屋での目覚めはさわやかでした。
海の香と波音って素敵です。



朝食も一階で海を見ながら。
このゆったり感がなんとも優雅でした。

1ine2asagohan.jpg

移動の都合上、早々にバスに乗り込み天橋立へ。
バスの車窓からは、きれいな風景や
いま京丹後がおかれている状況や、
今後変わっていくだろう軍の町の空気が見えました。

いろいろと複雑な心もちになるなぁ。。

2ido7tangorire.jpg 2ido8tangorire.jpg

天橋立から、
軍人のために作られた総ヒノキの高級な電車に。。
これ、電車ですよ。
普段は庶民でも普通に乗れます。。

お金ってこわいですね。

複雑な心境ではありましたが、
つかの間の贅沢を楽しみました~。

3mineyama2hagoromo.jpg

丹後ちりめんと羽衣伝説の里、峯山に。

駅前の大きな看板に「ハイテクタウンミネヤマ」と書いてあったけど
きっと、機織りの技術の第一線だった歴史が詰まっているんだろうなぁ~!

比沼麻奈為神社へ。

3mineyama5hinumanai.jpg

正式参拝したのは初めてかもしれません。
いろいろと面白い体験でした。
由縁なども複雑で、歴史の勉強を細かくしてから行くと
多くのことがもっと見えてきそうな気がします。

3mineyama6inasaku.jpg

月の輪田。
稲作発祥の地。

大陸から来た人は丹後半島から入ってきたのでしょうね。

4ido2tik.jpg 4ido3ooeyma.jpg

また天橋立経由で京都へ。
途中で大江山を通るのです。

大江山と言えば酒呑童子。

鬼の仲間としては、やっぱり気になるお山です。
いつかここにも行ってみたい。

京丹後は、
大和政権との対立の歴史と伝説が
裏歴史としてちりばめられていて面白いところでした。

対立すると表舞台からは消されちゃうけど
生き続けてる怨念のアートの息吹は美しいですね。
スポンサーサイト

| 旅・街 | 14:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/4791-b84fe0b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT