オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、文化紹介など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016秋 東北の旅三日目(仙台1) -伊達政宗を訪ねて-

2016秋の東北旅行三日目、最終日は仙台です。

 一日目の平泉の日記はこちら
 二日目の松島前半の日記はこちら
 二日目の松島後半の日記はこちら


201610251まつしま1

ふと目が覚めてハッとしたら
ちょうど朝日が出てところでした。
この宿、この部屋にして良かった♪

201610251まつしま2

一日目の朝食は和食でしたが
二日目は洋食。こちらも豪華♪
コーヒーが飲めない母のために、
わざわざ紅茶を用意しておいてくれました。
とっても親切。

朝食の際や出かけに、スタッフさんが
観光イベントや交通情報など
色々と教えてくれて助かりました。

20161024_4.jpg

こじんまりとしていましたが、温かな良いお宿でしたよ♪
また宿泊したいです。
 宿泊先→ びすとろアバロン

201610251まつしま4

松島すてきな所でした。さすがの日本三景でした!
天気にも恵まれたし、たくさん冒険も出来ました。
また来たいと思います♪

201610251まつしま3

シンプルな駅は青空が良く似合います。

201610251まつしま5

こんな電車もちらほら見かけました♪
楽しげな雰囲気で、楽しい気がしてきます。

201610251まつしま6

車窓からの松島の眺めもいいですね。
でも少し寂しくもあります。
つぎはいつ来れるかなぁ。

仙台へ向かいます。
電車は一本で行けますが、40分!
まぁまぁかかりました。

20161025仙台1-1

仙台駅!!!
めちゃくちゃ都会で栄えてます!!
東北のちからを舐めてた!!
世の中には私が知らないことが多すぎます。

20161025仙台1-2

仙台はかなり広いので、
レトロでかわいい巡回バス「るーぷる」で観光します。
一日券は620円。

3回以上乗るとお得ですが、
それ以上にいろんなところで割引やサービスがあるから
これは使ったほうが素敵です♪

瑞鳳殿前でバスをおりて、
脇道へ。

20161025仙台1-3 20161025仙台1-4

ここにお目当ての神社があることはチェック済み( ̄ー ̄)ニヤリ
穴蔵だなんて、鉱山や山信仰の臭がしてきます。

実際には、銀杏の匂いがしてました。

20161025仙台1-6

鳥居もなんだかかっこいい。

20161025仙台1-5

いい場所でした。清らかな雰囲気です。
こういうところの由緒歴史を調べるもの面白そうです。
またお参りに来よう♪

登ったり下ったり、また登ったりしながら瑞鳳殿へ。

【瑞鳳殿】
http://www.zuihoden.com/
伊達政宗公の霊廟です。
政宗さんのお墓参りができます。
るーぷる一日券があると入場券が100円割引に♪

20161025仙台2-1 20161025仙台2-2

敷地の庭園だけでなく、
こういう看板、パネルなどもオシャレです。

20161025仙台2-3

62段の石段は、伊達藩62万石を表しているそうです。
石段もまわりの木も、すごくよく整備されていて爽やかです。

20161025仙台2-4

瑞鳳殿!
空襲で焼けてから、発掘再建して、
今は建てられた当時のようにキラキラです。
こちらに政宗さんが眠っているのですね~(ღˇᴗˇ)。o♡

20161025仙台2-5 20161025仙台2-6

彫刻や模様の鮮やかさ、金のきらびやかさ
派手なのですが、黒漆がびしっと全体を締めて
かっこいいですね~~~。
これぞ、伊達センス!

伊達政宗が抜擢した建築家や彫刻家は
このあと江戸幕府の建築(東照宮とか!)などで活躍したそうです。
政宗さんの審美眼は本物ですね!

20161025仙台2-7

角の獅子の愛嬌ある表情と
ぷっくりした肉球がかわいいです。
こんな形で空中飛んでたらかわいいよなぁ。
実際にいたらいいのに。

20161025仙台2-8

子孫の廟やらお墓もありました。
でもやはり政宗さんが一番!

20161025仙台2-9

帰りの階段もけっこう怖かったです。
足元に気をつけて。
お年寄りも多く来てましたが、ここもけっこう急な
階段や坂が多かったので大変そうでした。

運動しながら巡礼観光できるのは
なかなか楽しくてお得な感じはしますよね♪

瑞鳳殿は美しい芸術と
自然が一体になった心地よいところでした。
時間があるときに、またゆっくり訪れたい所です。

また巡回バスに乗って、
つぎはいよいよ!!!
政宗像!!!!

長くなったので、次回に続きます。
スポンサーサイト

| 旅・街 | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/4686-30b01828

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT