オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、文化紹介など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016年5月の阪京奈の旅(3)奈良:「法隆寺と百済仏教」

最終日は天平の古都、奈良です♪
この日は真夏日になりました。
いい天気です!

20160518_0_kurumade.jpg

奈良はのんびりしていてとても好きです。

奈良のご当地グルメ「茶粥」は
古からの食事のシンプルさが大好きです。
濃厚な奈良漬や昆布の佃煮がよく合います。

20160518_1_chagayu.jpg

デザートはちゅるっと冷たいくずきり♪
お店の自家製でした。

20160518_1_kuzu.jpg

奈良の「吉野葛」も名物です。
シンプル食って大好き♪

20160518_2_saido.jpg

法隆寺です!!
空の開け方がものすごいです。

20160518_2_chozu3.jpg 20160518_5_tubo.jpg

奈良は京都よりも
大陸との繋がりを濃く感じます。
京都とは、セットの印象がありますが
本当に全然違う!!ってのは大人になって
色んなものを見て経験して初めてわかることですね。

20160518_3_gojunotou1.jpg

まずは五重塔と金堂です。
ちょうど二時の鐘がなりました。興奮。

建物の装飾などが中国風のような気がしました。
中の仏像群もずいぶんと大陸の印象!
インドやチベットのあたりの空気感もありました。

金堂の釈迦三尊像は教科書で必ず知っている像です。
面長なお釈迦さまは聖徳太子に似せて作られたとか。
感動。

壁の絵も多くは剥がれ落ちていますが
色鮮やかで大陸風の仏画が大変興味深いです。

京都のお寺との文化の違いをはっきり感じます。
改めて奈良仏教のことも学んでみたいです。

20160518_3_gojunotou3.jpg

五重塔も昔は色鮮やかだったそうです。
今はセピアな感じですが、このほうが好きだな。

20160518_4_hondo

本堂もシンプルでがらんと広いです。
風とおって涼しいです。

20160518_3_shugakuryokousei.jpg

修学旅行生がわんさか。
次から次へと建物に吸い込まれていきます。

20160518_5_sounoheya.jpg

奈良時代にお坊さんか生活していた建物
イメージが沸いてきます。

20160518_10_goshuin.jpg

「和を以て貴しとなす」
御朱印も素敵です。

20160518_6_kudarakannon2.jpg

新しい大宝蔵院にはものすごいお宝がいっぱいでした~!
かの有名な「百済観音」は初対面!
すらっとモデル体型で、面長、天平のしなやかな仏像さんです。

北斗星の七星剣も!
今回の旅のテーマに関連するアイテム☆
法隆寺にも星曼陀羅があるんですが、
展示はしていませんでした。

20160518_7_chuguji2.jpg

尼寺の中宮寺
ご本尊が出張中なので、拝観無料でした。

レプリカの本尊如意輪観音さんは
平安密教の姿とはずいぶん違い
イメージでいうと有名な弥勒菩薩半跏思惟像に近い
ほっそりとした身体とシンプルで優しい雰囲気の
如意輪さんでした。



ちょうど4時の法隆寺の鐘が鳴っていました。
静かで居心地の良いお寺です。

さて、今回一番見たかった夢殿へ☆

大阪の観心寺、久米田寺の北斗七星信仰と
関連の深い建築です。
久米田寺には夢殿を模した建物もありました。
観心寺の北斗七星巡り
久米田寺の北斗七星曼陀羅を訪ねて

20160518_8_kabe1.jpg

茶色い土壁は奈良特有♪
古を感じるロマンあふれる風景です。
奥に見えるのは夢殿の屋根です。

20160518_8_yumedonochozu.jpg

手水の霊獣さんは珍しく鳳凰。
宝物殿にも同じデザインの鳳凰がいました。
う~ん、天平。

20160518_8_yumedono1.jpg

空を集めてつながるような八角形の屋根。
大きくも高くもないけど、空につながる感じがします。
(気がするだけですけどね)

こちらにも有名な秘仏の救世観音さん。
ちょうど公開日に当たってラッキーでした♪
こちらもしなやかな天平の仏像さんでした。

法隆寺では、
教科書や資料集で見た建物や仏像に
たくさん対面できました。

実際に目の前で見て、
その空気を感じることは
私の「経験」になります。

奈良はもっと学んでみたいところです。

20160518_uwanabe.jpg

古墳もぼんぼんあります。
これはウワナベ古墳。

でっかい盛り土がお堀の中にあります。

昔はこれを見ても「ふ~ん」くらいにしか思ってなかったけど
当時の人たちがこれを作るには・・・と考えてみると
えらいこっちゃなお話です。

昔のことを思うのは楽しい時間です。

今回は大阪、京都、奈良と巡りました。
特に北斗七星に関連する場所にご縁をもらい、
行くことを決めてから、
お世話になっている先生二人から
ちょうど関連するお話も伺ったりと、

学びて時に之を習う亦説ばしからずや

でした。
スポンサーサイト

| 旅・街 | 14:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/4554-c1b62bcf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT