オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、文化紹介など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2016年5月の阪京奈の旅(1)大阪:1「観心寺の大楠公と北斗七星巡り」

関西の旅(&仕事もしてきました)行ってきました☆
今回も往復で夜行バス!!!
夜行バスの旅はハードです。

20160515_持ち物

今回も旅のお供は
・地図(方位磁針も!)
・御朱印帳
・自作の旅のしおり

地図を見て行先とルートをあらかじめ決めておきます。
これが結構楽しいものです♪冒険のはじまり。

早朝に梅田に到着して、朝食の後、
電車を乗り継ぎ約1時間半。
(初めての電車は少し緊張しますね!)
梅田→なかもず→河内長野
南海高野線はのんびりしてていいですね♪

最初の目的地最寄りの駅「河内長野」に到着!

河内長野駅

日本一の如意輪観音さんのお寺、観心寺に向かいます。

南海高野線

河内長野から南海バスで約12分
(けっこうずっと上り坂・・歩かなくてよかった)

南海バス

出発してしばらくすると、山と川の世界♪
観心寺に到着!

バスが少ないので、
帰りのために駅に向かうバスの時刻表を
ばっちり撮影しておきます。これ大事!

観心寺駅

観心寺・・・
修験道の開祖、役行者が開き、
弘法大師空海が平和を願い北斗七星を勧請、
楠木正成がここで学び大切にしたお寺です。
南朝、後醍醐天皇や後村上天皇のゆかりも。

ご本尊の日本一有名な如意輪観音様は国宝で
毎年4/17,18が御開帳の日です。
(一か月前に御開帳かぁ・・残念です)

歴史も、北斗七星信仰も珍しく
なかなか不思議で面白く、すてきなお寺です。

楠木正成

山門の前には楠木正成(大楠公)の像!
かっこいいなぁ~~~♪
鎌倉時代の末期に後醍醐天皇とともに幕府を倒し
南北朝時代に戦死した際に、
敵方(北朝)の足利によって首が観心寺に届けられ
今でも首塚として祀られています。

観心寺

山門は静かです。
風と川の音、鳥の声だけ。

北斗七星と空海

金堂のあたりは空がパッと開けています。
この石の台で空海さんが北斗七星を呼んだそうです。
ちょうど北の空の星がよく見えそう。

人の力ではどうにもならない災難を防ぐために
宇宙の力を借りようと北斗七星に祈ったのでしょうね。

金堂のご本尊、如意輪観音さんは公開時期ではなかったので
拝見することはできませんでしたが
お堂全体がたっぷりと静かな雰囲気で包まれていて
如意輪観音さんの存在を感じました。

北斗七星巡礼

ここは、日本で唯一の
北斗七星をまつっているお寺としても有名です。

金堂を囲むように7つの星塚が置かれ、
これを左回りに一巡すると御利益があるとか。
今回の目的の一つです♪
古代の信仰に触れてみよう!

1:貧狼
20160516_14_kanshinji_hoshizuka_1.jpg

2:巨門
20160516_14_kanshinji_hoshizuka_2.jpg

3:禄存
20160516_14_kanshinji_hoshizuka_3.jpg

うんうん、順調に回れてます。
赤い幟を目印に、順に巡っていけます。

それにしても、静かです。
私しかいないので、静かすぎてちょっと怖いくらいです。

が、頑張って進みましょう!
次は4つ目へ!

・・・むむ?

山の中へ??

20160516_14_kanshinji_hoshizuka_3kara4he1.jpg

ここからは、軽く山登りでした!

20160516_14_kanshinji_hoshizuka_3kara4he2.jpg

天然の木の根っこ階段!!

20160516_14_kanshinji_hoshizuka_3kara4he4.jpg

4つめが見えてきました♪

4:文曲
20160516_14_kanshinji_hoshizuka_4.jpg

上ったり下ったりしながら
自然の中を進んでいくのは
とても爽やかです。
(一人だとちょっと怖いけど)



5:廉貞
20160516_14_kanshinji_hoshizuka_5.jpg

6:武曲
20160516_14_kanshinji_hoshizuka_6.jpg

6つめが一番高いところにありました。
軽く運動になりました☆

7:破軍
20160516_14_kanshinji_hoshizuka_7.jpg

すべての星塚は
大きな木と、梵字の書かれた石が
祀られていました。

20160516_14_kanshinji_hoshizuka_8kari.jpg

7つの星塚を巡った後は
訶梨帝母を参拝して北斗七星巡礼は終了!

観心寺参拝はまだまだ続きます。
スポンサーサイト

| 旅・街 | 01:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/4549-51b617af

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT