オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、文化紹介など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京の冬の旅2016 一日目(2)相国寺

京の冬の旅2016、一日目の後半です。

1冬の旅のパンフレット2016

午前中に訪れた大徳寺の北大路駅から
(大徳寺から北大路は20分くらい歩くのですけどね・・)
烏丸線で二駅の今出川へ。
相国寺では3つの特別公開がありました!!

相国寺は過去に何度か来ているので、
大まかな説明は過去の記事をご参照ください!
2015春の相国寺記


◆臨済宗 大本山 相国寺

写真は撮れなかったので以前のを載せています。
金閣寺や銀閣寺の親分のお寺で、京都五山の第二位です。
4万坪ある敷地は、かなり広い印象を受けるのですが、
かつては144万坪もあったというのですから、とんでもないお寺ですね。

相国寺門

本堂と法堂で3つ目のスタンプGETです。
これでお茶飲めます(笑
このイベントは必ず各寺で説明をしてくれるガイドさんがいます。
こちらは以前にも来ましたが、説明をしてくれるガイドさんが違うと
また違ったお話を聞けるので拝観してきました。

相国寺

法堂の天井の版龍図(狩野探幽筆)を見てから方丈へ。
方丈は禅寺では一般的な6部屋スタイルです。

相国寺方丈の構成

南側の三部屋は、襖絵がとても美しいです。
右の礼の間(応接室)には竹の絵、
左の旦那の間には力強い梅の絵、
部屋の中には入れませんが、どちらも部屋の中心に座ると
自然の音と強さなどに包まれるような感じがするんだろうな~
と部屋の外から想像して楽しんでいました。
真ん中の本堂には仏像ではなく
法華経の文字で描いた観音菩薩の絵が
本尊として飾られています。
襖絵は観音菩薩の住処、補陀落山が描かれています。

南の枯山水はシンプルで、横に真っ直ぐな縞のみです。
「本来無一物」という禅の教えを象徴しているそうです。

北側の三部屋は、襖絵と庭の景色が連動しています。
枯山水は、岩と石で滝と川を表現しているようです。
襖絵に描かれているから多分そうなんでしょうね。


相国寺塔頭の養源院で4つ目のスタンプゲットです★
ここでは秘仏の毘沙門天像が初公開されていました!
写真撮れなかったのでまたもや絵ですが・・
強面なのにセーラームーンみたいに見える
金色の髪飾りをしています。

12670323_898088123632308_5582350609829686241_n.jpg

奈良屋与兵衛さんの夢のお告げで発見された像で
相国寺の公式記録として残っているみたいです。

身長約170cm、どんとした鎌倉時代のイケメンで
左手に檄を持ち、右手は腰に添えています。
一般的な毘沙門天は、右手に檄、
左手に多宝塔を持っている事が多いので
養源院の毘沙門様は珍しいそうです。

養源院のご住職は芸大を出られているそうで
描かれた襖絵や、プロデュースされたお線香も
それぞれ素晴らしかったです。

2養源院のお線香多聞

良い香りだったので購入♪
「多聞」とは毘沙門天の別名です。

この日の最後は、
相国寺塔頭の長得院で5つ目のスタンプGETです。
岸派の襖絵は、狩野派の絵よりも柔らかい人間味ある印象でした。


さて、スタンプが5つ集まりました★
3つでお茶が飲めます!
提携店舗の中から選べるのですが、
相国寺のすぐそば、老舗の俵屋吉富へ!

俵屋吉富看板

ここでは、お抹茶と看板商品の「雲龍」をいただけます。
通常700円しますが、スタンプ集めると無料です(喜

俵屋吉富雲龍

2階の和菓子資料館も見学できます。
今は「糖芸菓子で楽しむ琳派」という展示もしています。
琳派の代表作の和菓子オマージュ作品が並べられていました。

もともとキャラクター感のある琳派作品を
さらに抽象的にしたような面白い作品もあって
つい見入ってしまいました。

素敵なアートが見れて入館料は無料!
オススメです。

一日目楽しみました♪
二日目もスタンプラリーです。
スポンサーサイト

| 旅・街 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/4460-8f190ea6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT