オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、文化紹介など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京都日記(奈良のおん祭り合宿2日目)

おん祭り二日目。

深夜に若宮さんを仮社殿にお迎えした次の日は
朝から様々な場所で露店が出たり
本編のプログラムが始まる前にも芸能や行列が見れます。

が、私たちは
昼の本編の行列が始まるまでは観光しました。

201512nara2-1.jpg

国立博物館はこの日は入場料無料!
でも混んでないのでゆったり楽しめました♪

201512nara2-2.jpg

興福寺の橘
金の宝玉みたいにキラキラでした。

お昼の行列です!
一の鳥居から入場して、
松の前ですこしパフォーマンスしたあと
仮社殿まで行く行列が続きます。

私たちは一の鳥居の横で見れました♪

201512nara2-3.jpg

麻呂のみなさんとか
(スポンサーとか偉い人なので、やはり麻呂)

201512nara2-4.jpg

巫女さんとか

201512nara2-5.jpg

武士とか

201512nara2-6.jpg

猿楽は能の前身。
能の金春流の方のお能!

201512nara2-7.jpg

田楽は初めて見ました!
鳥獣戯画の動物が踊ってるやつだ!!!
鳥獣戯画に描かれている小道具も実際に見れた!

大名行列なんかもありました。
いろいろ、1時間以上列が続いていました。

仮社殿前で儀式。
巫女舞などが続きますが、一般の人は入れません。
かなり頑張って広場の前にきていたので
おしくらまんじゅう状態の広場の外から見ることができました。

201512nara2-8.jpg

白拍子!!
長袴です。

201512nara2-9.jpg

巫女舞

201512nara2-10.jpg

他にも、武士っぽい人の舞等など。
いろんな芸能があるんですね。

201512nara2-11.jpg

途中から一般庶民も広場に入れましたが
こんな感じで全然見えませんでしたが
立派な太鼓はたくさん眺められました!

龍と鳳凰、色も左右で違うんですよ。
素晴らしいデザインです。

見えないながらも、夕方まで粘りました。
ただ、だんだん冷えて死にそうだったので
食堂に避難。
食事して宿に戻り、夜に備えました。

広場での芸能は夜11時頃まで続くので
9時頃から再び参加しました。
とにかく寒いのですが、人が減ったのでちょっと見えます。

201512nara2-13.jpg

夜はさらに幻想的です。
舞楽の呪術感がすごいです。



それぞれ10分以上同じ動きの繰り返しなのに
なぜか見入ってしまうのです。
そこにあるのは、
楽しみの軽いダンスとは根本が違う、
なにか呪術とか幻術のようなモノの象徴みたいでした。

11時ごろには人も増えて、
若宮さんを本殿に送る儀式が始まります。
お迎えと同じように列を作り仮社殿から連れ出すのですが

賑やかだった雰囲気が一転、
全ての照明を消して、静かな中に雅楽と
あの恐ろしい「おーーーーーーーー」に包まれて
異様な雰囲気で帰ってゆかれました。

怖いです。

また本殿まで行列について、
本殿前での祝詞があったようですが
寒さに負けて諦めるという不甲斐ない私。
もうひとりも諦めてましたが、流石先生は
最後まで参加したようです。
(基本、人が多すぎて分裂してました)

若宮さんが去ったあとは
がらんと。

201512nara2-14.jpg

すごいお祭りです。
大昔から変わらず、毎年続いているんですね。
日本にはまだまだ知らないことがたくさん。

201512nara3-1.jpg

若宮さんは帰ってしまいましたが
次の日も仮社殿前で、いろんな芸能をしていました。
これは猿楽隊のみなさん。

この日もすごく寒かったのですが
この方たちの演技、すごかったです。

三日目は、先生おすすめの戒壇院(鑑真のお寺)に行ったり
春日大社本殿や菊一の刃物を見たり
お茶しながらゆっくりお話したりと
先生とたくさんお話もできてとてもよかったです。

もりだくさんの合宿でした!!!

来年も行きたいなぁ♪
スポンサーサイト

| 旅・街 | 02:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/4441-6b174cc8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT