オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、文化紹介など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

終わりの向こうに太陽

漢字を見ると、
冬は終わり
春は日、始まりの太陽ですね

終われば始まる
始まるから終わる

冬の死気の向こうには
また始まる生命の気配が見えます。

見える、、、というより
そういうものだと信じていますね。

もし春が来るのかどうか信じられないような状況が来たら
冬に絶望するかもしれませんね。
来年も春が来るといいですねぇ。



先日、打ち合わせでガンディマハルに行った帰り
いつもの散歩コースで不忍池にも寄りました。
同じ場所を見ているから、四季をよりハッキリ体感できてます。

不忍池もすっかり冬模様です。

12246937_863652947075826_148620690694491047_n.jpg

空気が澄んで、晴天だったのもあり
池の水面が何とも言えない神々しいことになっていました。
枯れたハスが虚空に浮かんでいるような不思議な光景。

12294922_863652963742491_1533588987788543123_n.jpg

夏の華やかさと賑やかさとはうって変わって
どこまでも深い静寂と純粋な空間が
ただそこに存在しているようです

「時」を感じない風景です。
これが死の世界でしょうかね。

12308445_863652990409155_3791434944716693444_n.jpg

道を挟んで反対の池は
ボートにも乗れて、水鳥もたくさん遊んでいる池です。
蓮の池とは違って生きている感じ。

水面の揺れがあるだけで
生きている世界、息をしている感じがしますね。

道の両側の池が見せる
静と動、死と生の対立にも心臓を乱されました。
冬もいいもんですね。

12313940_863653057075815_569719719316833278_n.jpg

冬は寒いのに
木は裸になる

人間に置き換えて考えてみると
正気の沙汰ではないですね。
いつも不思議に思いますが、それも理があってのこと
自然の神秘は人間の尺度では計り知れないですね。

moblog_6ca57a27.jpg

前日の雨のおかげで
天の鏡が点々と残っていました。
向こうの世界の弁天堂も素敵です。

さてさて、
これから空気がもっと澄んでくると
さらに水の綺麗な光景が見れるでしょうねぇ。

冬の楽しみ♪
スポンサーサイト

| 旅・街 | 19:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/4415-1a24e1ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT