FC2ブログ

オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、アクセサリー制作など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2015年春 京都・高野山・龍神温泉の旅 4日目

一日目の京都(晴明と龍めぐり)はこちら
二日目の京都(空海めぐり)はこちら
三日目の昼の高野山めぐりはこちら
三日目の夜の高野山めぐりはこちら

だんだんこれも増えてきました。
4日目は朝の高野山と龍神温泉への旅!

高野山の朝は早い!(夜も早かったけど!)
6時の勤行に参加するため5時過ぎに起きたら
もうすでに宿坊は賑やかでした。
(隣の部屋のおばちゃんギャル達が特に)

ささっと着替えて本堂に行くと、
思いのほかたくさんの参加者でいっぱいでした。
お経の後半は、参加者のお焼香タイムでしたが、
お焼香奉行な関西のおばちゃんがいて面白かったです。

朝の精進料理をいただき、蓮華定院に荷物を預けて出発★
朝の高野山散歩です。爽やかです。

前日から気になっていた「麸まんじゅう」買い食い

1humanju.jpg

うますぎた!!!

2humanju.jpg

お土産に買って行きたかったのですが、
賞味期限が短すぎて断念。

高野山にはたくさんのお寺や神社やお堂があって
すごく困ります!!全部回りたい!!!

ビルマ仏教のお寺や、苅萱堂などを見て回りながら
東の奥の院へ向かいました。
移動時間の関係で、見れなかったところは今度行きたいです。

奥の院の入口、一の橋に到着。
ここから急に空気が変わります。

3okunoin.jpg

一の橋から奥の院までの約2Kmの森の参道は
左右に昔からのお墓や石碑が並んでいます。
人の意思が自然と同化しながら静かに存在している風景。

5okunoin.jpg

歴史的有名人のお墓も
大会社ゆかりの石碑やお墓も無数にありました。
なんかわかる、私もここに埋葬されたい。
というか、ここに住みたい。

大昔の将軍さんたちのお墓の石の
大きさと存在感もすごかったな。

本当に素晴らしい光景がたくさんありましたが
なんとなく圧倒されて写真は撮れませんでした。

奥に進んでいくと、いくつかの川と橋を渡ります。
一の橋を入ったところは静寂の世界でしたが
川と橋を渡るごとに、なんというか、
生命力の匂いがしてくるような感じ(?)でした。

うまく言い表せないんですけどね。

4okunoinkawa.jpg

水も綺麗です。
ここは空気も水も清らかで
体の中も清らかになったような気がしてきます。

だんだん奥の院に近づいてくると
賑やかになってきます。
十数体の水向け地蔵さんにも水をかけてお参り。

6mizukake.jpg

川を背にして並ぶお地蔵さんたちは
水に濡れて、太陽を浴びてキラキラ。

水向け地蔵の川を渡る御廟橋を渡ると
とうとう奥の院に入ります。
ここからは写真撮影や私語も禁止です。

ちょうど10時半、毎日2回の弘法さんへの
お食事を運ぶ行事に出会えました。
山吹色の装束を着たお坊さん三人で
お食事の入った大きな木の箱を運んでいきます。

思っていたより早足で奥の院に向かいます。
参拝者もみんなついていきます!
そして灯籠堂で偉いお坊さんがお経をあげます。

弘法大師空海さんは、いまでも奥の廟で
瞑想しながら生きているという信仰があります。
だから高野山でも、京都東寺の大師堂でも
毎日お食事が運ばれるそうです。

仏教で人自体が信仰されることって他にはないことですよね。
空海さんの場合、たぶんですが、神がかりというよりは、
すごく立派な先生のような人だったんだと思います。

ありがたい時間に立ち会えてラッキーでした♪

7osagari.jpg

弘法さんのお下がり(前のお食事をわけてくれる)を
頂いてきました。まるいお餅。

8heiwabashi.jpg

いろんな木や花、橋や川、石碑と苔、
生と死、光と影の光景全てが美しい場所でした。

8koyakun.jpg

時間が迫っていましたが、
文化財がたくさんある博物館(霊宝館)にも寄っておきました。
ざっとしか見られませんでしたが、
豪華で立派な仏像さんたちがいっぱいでした!

残り時間が少なく、お土産屋さんにもゆっくり寄れず
ゲットできたこうやくんグッズはこのクリアファイルのみ。
ものすごく急いで昼食を取り、宿坊に荷物を取りに戻り
なんとか予定のバスに乗れました!

一日に2本しかない路線バス(驚

10bus.jpg

最後ばたばたで、
高野山をさらっと離れてしまったのは残念です。
いつか高野山に住みたいです。

さてさて、ここからずっとバスで南下です。
まだ山は続きます。
11bus.jpg

窓からの風景は素晴らしかったのに
連日の観光疲れのせいか、睡魔との戦いでした。

1時間半くらい?睡魔と戦って、
護摩壇山の乗り継ぎ所に到着です。

12din.jpg

なんだかすごい風景です。
次のバスまで30分時間があったので、
道の駅?で休憩です。

13oyatu.jpg

自家製パウンドケーキと、
サービスのごま茶。

少し小さいバスに乗り込み、龍神温泉へ。

バスの運転手さんがとても親切で、
乗客ひとりひとりの宿名を聞いて、
バス通りで宿に近いところで降ろしてくれました。

道中の風景の説明や、観光案内などもしながら
宿まで送り届けてくれて、とても楽しかったです。

14hidakagawa.jpg

ささゆりという小さな民宿に泊まりました。
小さい宿でしたが、とても親切に迎えてくれました。

窓の外には日高川。
川の音しか聞こえません。

かなり疲れていたので、
窓を開けたまま、夕食までお昼寝。

宿の夕食です。

15yushoku.jpg

地域の食材、自家製の野菜を使ったお料理。
青梅の甘漬が美味しかったなぁ~。

16mikan.jpg

食後のみかんシャーベットも、多分自家製。
みかんの苦味もほんのり残る自然な味がしました。
さっぱりで美味しかったです。

お宿のお風呂は大きくはないですが、
檜風呂の温泉でした。
檜風呂ってやっぱりいいですね。

ぐっすり眠れました♪
スポンサーサイト



| 旅・街 | 12:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/4247-ec21c1d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT