オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、文化紹介など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2015年春 京都・高野山・龍神温泉の旅 3日目(昼)

一日目の京都(晴明と龍めぐり)はこちら
二日目の京都(空海めぐり)はこちら

いよいよ高野山です!!!!
素晴らしい旅でした。

大阪難波から、特急こうやで。
1200年記念で特別なカラーリングと内装!

1kouya.jpg

大阪の都会の風景から、どんどん緑が増え、
後半は山のなかを登っていくので
車内にいる人達のテンションもだんだん上がってきます。

3gokurakubashi.jpg

山の中の極楽橋駅に到着!!
山です!!

駅には、乗りたかった「天空」も来てました!

2tenku.jpg

発売と同時に電話かけまくったけど
結局すぐに完売で乗れませんでした、残念。

極楽橋からさらに、ケーブルカーで上昇。
途中、スカイツリーの高さも越えて、標高900mへ!!

4kebul.jpg

高野山駅に到着!!空感!!

5koyasan.jpg 5zukou.jpg

塗香で手を清めます。気分もすっかり高野山。
バスでさらに少し登り一心口下車。
宿泊予定の蓮華定院に到着~~!!!

6rengejoin.jpg 7rengejoin.jpg

蓮華定院は真田幸村ゆかりのお寺です。
観光前に荷物を預かってもらうために立ち寄りましたが
若いお坊さんたちの爽やかで親切な対応に感動しました。

7rengejoinrouka.jpg 7rengejointobira.jpg

古くて、かなり趣のある雰囲気のお寺です。
予想以上に広いお寺でしたが、
隅々まで掃除が行き届いているようでした。

7rengejoinniwa.jpg 7rengejoinodou.jpg

庭もたくさんあって、それぞれとても素敵です。
夕方の瞑想と、朝の勤行を行う本堂は重厚でどっぷりしてました。

7rengejoinheya.jpg 7rengejoinniwa2.jpg

お部屋の前の廊下とお庭もいい感じ。
なんと居心地良のい雰囲気!
少しだけのぞいて、夕方また戻ってくるのが楽しみになりました♪

さて、いよいよ出発です。高野山観光!

高野山は山の上にある広大な平地です。
あんなに山を登ってきたのに、ここまで来たら
ほとんど坂がないのがとても不思議。
本当に散歩感覚で徒歩観光できちゃいます。

徳川家霊台や浪切不動など回りながら、
御朱印も書いてもらいます。
真言宗のお寺は、さすが弘法大師なだけあって
本当に達筆な御朱印を書いていただけることが多いです。
筆遣いとリズムを目の前で見て感じられるのが楽しいですね♪

8namikirigoshuin.jpg

そして、金剛峯寺!!!
憧れの高野山金剛峯寺にとうとう来ちゃいました~!
小学生のころに、歴史で覚えましたね。
あの金剛峯寺が目の前に!

9kongobuji.jpg

立派なお寺ですが、写真には収まらず。
空海さんの秘仏が80年ぶり?の公開だそうで
一生に一度見れるか見れないかの貴重な公開期間でした。

参拝者も多く、あまりゆっくりは拝見できませんでしたが
貴重な経験が出来たことに感謝です。

綺麗な襖絵や、ダイナミックな蟠竜庭を見て回り、
奥の大広間でお坊さんのお話を聞きました。

10seppou.jpg 11seppouokashi.jpg

お菓子とお茶をいただき、くつろぎながら聴く説法。
笑いながら楽しく聞きました。お坊さんの人柄が素敵でした。

高野山ではいたるところで空海の教えを感じました。
難しいことではなく、誰にでもわかるように、
たくさんの人が楽しんで学ぶ場を作ってくれた人です。

13kongobujishuin.jpg

混んでましたが、ちゃんと御朱印もいただきました。

5月に入っていましたが、まだ桜も残っていました。
金剛峯寺の門の前にも♪
高野山って素敵なところですね。

12sakura.jpg

ジャバラ道を通って、壇上伽藍に行く途中、
お坊さんたちの行列に合いました。
高野山ではしばしば見れるパレードです。

壇上伽藍で一際目立つ根本大塔!!!!

14daitou.jpg

思ってた大きさをはるかに超えてました。
写真の入口前にいる二人のお坊さんと比べてみてください。
予想外の迫力でした。

中は、東寺の五重塔と同じで
黄金と極彩色の大日如来の立体曼荼羅です。
慈悲と智慧の大きさに、つい手をあわせていまいます。

お寺巡りの目的は、学んで悟る(自分で色んな事に気付く)こと。
これまで真言宗のお寺もいくつか回ってきましたが、
色んな場所をつないでいくと空海の教えの中心が見えてきます。
仏教における巡礼って、
きっとこういう意味があるんじゃないかなと最近思います。

金堂でも、秘仏の薬師如来さん公開中!!
報道ステーション撮影準備のため中にはいれませんでした(怒
が、薬師さんや周りのかっこいい仏像さんたちを堂前から拝見できました。

15kondou.jpg

大好きな降三世明王さんの前で降三世印♪
密教の仏像さんたちって踊りの呼吸感と似ているのです。

16gouzanze.jpg

薬師さんの手から繋がる五色の糸の綱。
ご縁が繋がるのだそうですが、
実際に握ってみて、この先に仏像さんの手に繋がっていると考えると
なんだかとてもありがたい感じと、
確かに握手したときみたいな親近感のようなものを感じました。

17yakusinyorai.jpg


たくさんのお堂がありますが、こちらの西塔も素敵。
根本大塔よりも小さくて色もシンプルですが
同じ雰囲気というか、
内部から回りながら空と繋がっているようなイメージが似てました。
よくわからないけど、うわー!って感じ。

18saitou.jpg

空海さんは、仏教より前からの土地の神様もきちんとお祀りしているので
とても立派な神社などもありました。
伝説の松や大師堂、新しくなった門の四天王像などなど
見どころ満載でたのしすぎましたが
あまりゆっくり見れなかったのがとても残念です。

次はゆっくりじっくり、ひとつひとつ見たいなぁ。

なんだか龍でも住んでそうな池だと思ったら、
善女龍王さんの蓮池でした。
今回の旅で三回目のご縁です。

19hasuike.jpg

空海さんが雨乞いで天竺から呼んだ龍神さんです。
下の写真、左が東寺大師堂近くの池、右が神泉苑です。

22ryujinike.jpg 18shinsenenhashi.jpg

同じ善女龍王さんのお社のある横の池ですが、
似ています。とても同じ感じでした。雰囲気でわかっちゃうくらい。
綺麗なところでした。

蓮華定院で宿泊者が参加できる夕方の瞑想のため
早め(4時すぎくらい?)に宿にもどりました。

瞑想会は真言宗の宗務総長でもある、
蓮華定院の住職添田さんに指導していただきます。
真言宗の阿字観のなかでも、初心者でもはいりやすい数息観でした。

姿勢や座りかたなどを習い、お線香が消えるまで約40分、
自分の息を10まで数えることを繰り返します。

私は満月瞑想会で何度かやってますが、
なんどやっても、どこでやっても集中力が続かず、
途中に全然違うこと考えてたり、ファンタジーしてたり
思考がとても忙しくなっていまいました。

まだまだですね。

でも、住職のいい声のお経を聞きながらの瞑想は
心地よく、気持ちがフラットになったようでした。
ちょうどお腹もすきました。

待ちに待った、精進料理の夕食!!

20shoujinryouri.jpg

出汁の効いた高野豆腐と、
デザートのような胡麻豆腐!!!
レモンの効いた山菜の和物も美味しかったです!

実は、あまり肉類は好んで食べないほうなので
こういう食事がすごくしっくりきます。
毎日こういうもの食べてたら、優しくなれる気がします(笑

21shoujinryouri.jpg

食事もお坊さんたちが用意してくれ、
お茶やご飯をささっとつぎに来てくれます。
おもてなしが凄すぎます。

住職の奥さんが話してくれた、お寺の歴史や
高野山の教えや見どころも楽しかったです。

宿坊オリジナルの手ぬぐいもいただきました。

22tenugui.jpg

大満足です。
早めにお風呂に入ったあとは、
夜の高野山散歩に繰り出しました。

ライトアップもなかなか綺麗だったので、
また後ほど日記に書きたいと思います。
スポンサーサイト

| 旅・街 | 11:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/4240-a1afc076

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT