オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、文化紹介など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2015年春 京都・高野山・龍神温泉の旅 1日目

GWをちょっと前借りして行ってきました★
4泊5日の旅行です。

2泊は京都一人旅
2泊は和歌山(高野山・龍神温泉)二人旅

随分いろんなところに行けたので少しずつ日記書きます。
まずは初日から!

旅のスタートは新幹線から!
今回も、行きはのんびり「ぷらっとこだま」で京都へ。
GWなので割引金額は少なめですが、ドリンク付きは嬉しいです。

こだま

のぞみだと2時間ちょいのところを
こだまたど4時間ちょいかかります。
朝スタートしましたが、京都にはお昼に到着です。
すぐに動けるように、新幹線でばっちりお弁当食べました!

京都駅で荷物をロッカーにぶち込んでいざ!
地下鉄烏丸線で約10分、同志社大学のある今出川へ。
駅と大学が直結しているので、賢い学生さん達いっぱいです。

【臨済宗 相国寺】

大学そばにある臨済宗相国寺に到着!
14c末に足利義満さんが建てられた
禅の臨済宗京都五山の二位にあたるすごいお寺です。

なんとあの金閣寺と銀閣寺も、相国寺の塔頭なんです!
(親分ということですね)

1shokokujimon.jpg

「相」という字は、
ソウと読むと、形や様子を意味します。(手相、人相・・)
ショウと読むと、「治める」ことを意味します。(宰相・・)

相国寺は「ショウコクジ」と読みます。
国を治めて守る、という思いが込められているのだそうです。

春と秋にそれぞれ特別拝観をしています。
春公開の時期に当てられたので、
法堂、浴室、方丈が見られました。

法堂(はっとう)は、桃山時代の遺構で天井の鳴き龍が有名です。
(写真とれなかったので拝借しました)

hatto_banryuzu.jpg

狩野光信筆の蟠竜図は
 ・直径9mの円の中に描かれている
 ・高さ11mの天井に、櫓を組んで直接描いた
 ・龍の目はどこから見ても目が合う

とても迫力がありましたが、怖い感じはなく、
どこかお茶目で人懐こいような表情です。

鳴き龍といって、ある地点で拍手すると
その人にだけ反響が龍の声のように聞こえます。
(本当に、そこのポイントに立った時だけ聞こえました!)

以下の建築方法によって実現されているんだそうです。
 ・天井はゆるいドーム状になっている(むくり)
 ・床は瓦と同じ、固くて黒い陶器

すごいなぁ。建築と芸術の力!

本尊のお釈迦様は、
坐禅の宗派にとってはやはり尊敬されますね。
金色と窓からの光があたってキラキラ輝いてました。

次は方丈へ。
華観音菩薩絵がすばらしい!!
遠塵斎(加藤信清)という役人(というと武士ですね)さんが、
法華経の経文文字で描いた観音様の絵なのですが、
よ~く見ないと文字で書かれているのがわかりません。

濃淡や色合い、絶妙に表現されていますが全部文字!
すごいです。これを書いた精神力に感銘を受けました。
こちらのリンクに詳細写真も載っているので是非見てください。

2shokokujiniwa.jpg

方丈北側の枯山水も素晴らしかった。
写真うまく撮れませんでしたが、
岩や石で、滝と川の谷の風景を見せていました。

滝の水の力強さを一瞬に込めたような光景でした。
水も石も素粒子の集合体であることには変わりなく、
姿が違うだけで同じ事なんだな~と
つくづく感じながら、鳥の声とともに楽しみました。

そして最後に宣明(せんみょう)です。
宣明とは、浴室のことです。
禅では、お風呂も修行の一環なので大事な施設なのです。

以前、妙心寺の明智風呂で説明してもらった内容と
ほとんど同じ作りのようでした。
ただ、こちらは蒸し風呂というよりは、かけ湯がメインみたい。
入浴の歴史もわかったりして面白かったです。

一通り回って、ここからは歩いて京都巡りです。
健脚ありがとう。

【白峯神宮】

まずは10分ほど南西にいったところにある
蹴鞠の聖地白峯神宮へ。
球技選手がたくさん来るようで、
サッカーボールやバレーボール等など、
たくさんのボールがお供えされていました。

ワールドカップがある年は、
日本代表の方のご祈祷も行われるそうです。

3kemari.jpg

有名スポーツ選手のサインや奉納球もたくさんありましたが
球技苦手なせいか、あまりピンと来なかったので次の目的地へ。

【晴明神社】

更に西へ進み堀川を渡り晴明神社に到着。
鳥居には、五芒星の桔梗紋!
ザ・陰陽師という雰囲気醸し出してます。

4seimeimon.jpg

旧・一条戻橋の横には清明の式神石像が。
渡る人を占うそうです。
テーマパーク感のある演出です。

11seimeimodoribashi.jpg

四神の門には、東西南北を守る四神の絵が書いてありました。
こちらは日月柱。
月柱の対面には、ちゃんと太陽柱もあります。

12seimeituki.jpg

晴明井は、かつて晴明が法力で沸かせた水で
毎年その年の恵方に向けて水を流しています。

5seimeiido.jpg 6seimeiidoehou.jpg

千利休がここで亡くなったとも言われています。

陰陽道では桃は魔除け、厄除けの果物です。
(桃太郎もそこから)
触ると厄を吸い取ってくれるという桃。

7seimeimomo.jpg

晴明像。
袖の下で印を組みながら、夜空の星を読んでいる姿らしいです。
晴明さんって、占星術がとても優れていたとか。

8seimeizou.jpg

晴明さんの伝説を描いた10の顕彰板に
葛の葉伝説も発見しました。

9seimeikuzunoha.jpg

御神木の樹齢300年楠。
木肌がつるつるで気持ちが良かったです。
枝が広がる様子が、毛細血管みたいで力強い。

10seimeikusunoki.jpg

なんとなくピンと来なかったので、次の目的地へ。
ここからずっと堀川通を南下します。
道路から一段下の堀川沿いを歩きました。

13horikawa.jpg

ちょっと足を伸ばして(往復1時間くらい?)
冬にお邪魔した、おじいさんの和菓子屋さん花子へ。

!?
15hanako.jpg

事故で入院されていたようで、もうすぐ再開できるそうです。
よかった!心配しました。
今回、季節の和菓子を食べられず残念でしたが、
また今度は食べれるといいなぁ。

さてここから気を取り直して次へ。

【真言宗 神泉苑】

平安京造設の際に造られた禁苑の名残です。
空海が雨乞いをしたとか、
源の義経が静御前とここで出会ったとか、
非常にわくわくするお話の多いところです。

前回は夜に来たので今回は明るいうちに!
という目標達成♪

16shinsenenmon.jpg

大きな池には、昔、
弘法大師空海さんが雨乞いで、
北インドから呼んだ善女龍王さんのお社があります。
(善女龍王は高野山にもいるんです)
17shinsenenryu.jpg

法成橋が法成就池に映る姿が美しいです。
本当に竜神がいるような雰囲気。
周りのツツジも綺麗です。
18shinsenenhashi.jpg a9shinsenentutuji.jpg

本部が開いていなかったので、御朱印は諦めて
本尊さんや他の小さい社を回ってみました。

弁天堂で、ご縁に感謝して戻ってみると!!

20shinsenenhoujou.jpg

本部が開いてました!
ご縁に更に感謝です。

ばっちり御朱印ももらえました~!!!
サラスバティーパワー!!!

21shinsenenshuin.jpg

気がついたら5時。
1時からずっと歩いていたので、流石にエネルギーもきれました。
神泉苑すぐ横の、レトロな雰囲気のカフェ「チロル」に入ってみました。

22chiroru.jpg

45年やっている老舗だそうで、いい感じの色味が落ち着きます。
ネルドリップで淹れたアイスコーヒーと
厚切りパンにバターとはちみつの芳醇なトーストで小一時間休憩。

23chirorucoffe.jpg

帰りにお店のおかみさんが話しかけてくれて
遠くから来たからとお土産にポストカードとマッチをくれました。

24chirorumachi.jpg

親切に送り出してくれました。
なんだか温かいです。

待ち合わせの8時までまだ時間があったので、
地図を片手に探検がてら周辺散策です。

【武信稲荷神社】

神泉苑から10分くらい南下したところにありました。
坂本龍馬がお龍に残した伝言の跡が刻まれている榎がありますが
どれがその伝言跡なのか見つけられませんでしたが
とっても立派な木で、しばらく眺めていました。

25busininai.jpg

だんだん暗くなってきて、
神社の雰囲気も鬱蒼としていい感じです。
逢魔が時は、あやしくて好きです。

25bushininarikusunoki.jpg

近くの商店街をぶらっと回りましたが、
大体のお店は7時には閉まってしまうので
待ち合わせの神泉苑に向かいます。

ところで、京都とかその他の観光地に行くと
お店が閉まるのはやいな~と感じることが多々あります。
都会で、24時間営業の感覚になれていまうと
不便な気もしてしまうのですが、よく考えると
とても健全だし健康的だと思います。

【夜の神泉苑】

暗くなるとこんな感じです!!
ファンタスティック!!!
昼もいいけど、夜の方が素敵です。

26shinsenenyoruhashi.jpg

一日で昼の姿と夜の姿のどちらも見れる幸せ♪
結局、またぐるっと回ってしまいました。

27shinsenenyoruhashiup.jpg

待ち合わせまでまだ時間があるので、
ここで約一時間、龍神様の前の椅子でのんびりです。
灯篭に映るゆらゆらの水反射と、アヒルの声が面白かった。

28shinsenen.jpg

歩くのも好きですが、
一人でただ静かな境内ですわっている時間も好きです。
余裕があるときは、お寺や神社で1・2時間そうしています。

何もないからこそ、色んな事を発見できたりします。

さて8時。
ここからはオープンカーで夜風を楽しみながら移動。

29nishinsoba.jpg

京都に来たらにしんそば♪
美味しかったです。
けっこう歩き回って、体力も精神力も使い果たしたところに
温かいお蕎麦が染み渡る~。

一日目から飛ばしましたが、
ここから三日目までガンガン観光です。
また次回。
スポンサーサイト

| 旅・街 | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/4228-10408431

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT