オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、文化紹介など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

琉球の伝承 その2 民謡「赤田首里殿内」

きつねのもり

赤田首里殿内 黄金灯籠下ぎてい
うりが明かがりば 弥勒迎け

シーヤープー シーヤープー
ミーミンメー ミーミンメー
ヒージントー ヒージントー
イーユヌミー イーユヌミー

大国ぬ 弥勒様 吾が島にいもち
うかきぶせむしょり 弥勒世果報



夏川りみさんも歌っている「赤田首里殿内(あかたすんどぅんち)」から
沖縄の文化伝承を探ってみました。

歌の内容は、、、

灯篭を吊り下げて、明かりがともったら
弥勒様お迎えですよ(=弥勒迎け)

大黒の弥勒様が私の島に来て
かつての豊穣の世(=弥勒世果報)を広めてください

ざっくりとこんな感じ。


「弥勒迎け」とはなに?
と言う事で、インターネット検索です。
便利な世の中です。

「弥勒迎け」は「みるくうんけ」と読みます。
那覇市首里赤田町で琉球王朝時代から行われている
祭礼なのだそうです。
そこで歌われるのが「弥勒節」でこの歌もそのうちの一つです。

弥勒迎けは、旧暦の7/16(現在はそれに近い日曜日)に行われます。
沖縄古来のニライカナイ信仰と弥勒信仰が混ざり合ったもので、
弥勒様は東の海の彼方の理想郷から来て
豊穣をもたらすと信じられています。
そして、この弥勒様は大黒様や布袋様のような容姿をしています。

私が知っている仏教の弥勒菩薩は、
来世に救ってくれる菩薩さんで(海の彼方からやってこない)
その姿は、足を半分組んで指を顎に宛てた
こちらのイメージが一番しっくりくる感じです。

mirokubosatsu.jpg

この繊細で静かで穏やかな弥勒様が、
沖縄に行くとニコニコ、ふっくらした元気な大黒様や布袋様に!?
海の向こうから幸せを運んでくるっていう考え方も
海洋都市っぽくて、なんだかいいですね。

ちなみに、沖縄出身の母は、小さい頃に
シーヤープー~の4節で手遊びをしていたそうです。
弥勒迎けについては知らなかったそうです。

沖縄に住んでいても、地域によってもしかしたら
信仰やお祭りなんかも結構違うのかもしれませんね。

沖縄面白いです。
この機会に、琉球文化に興味も湧いて
今後、色々と興味を持って文化に触れてみたいと思いました。

さてさて、
この歌は波に揺れるような優しい歌です。
沖縄の空気漂う南国のメロディ♪

ぜひ聴きに来てくださいませ★
ご予約絶賛受付中!!!!!!!!

きつねの森フライヤー

2015年4月18日(土)
開場 18:00
開演 19:00
チャージ3,000円
(ビュッフェ付/ドリンク別)

【出演】
小林てつや、FaE、きつねの森

※きつねの森のメンバー
坂野知恵/歌、楽器色々
坂野いぶき/ギター、楽器色々
padma/踊り

【場所】
Live&Bar SECOND STEP
東京都千代田区神田美土代町11-2 B1F

【お問い合わせ・ご予約】
Padmaへメール dance@padmatic.com

【詳細リンク】
FaceBookイベントページ
PadmaのHP
スポンサーサイト

| 民族文化紹介 | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/4203-34df5811

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT