オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、文化紹介など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

狐散歩~王子・葛飾を巡る ②葛飾編

王子から電車で青砥へ。
まずは駅前で昼食をとりながら、地図で駅周辺の方向把握。
(方角がわからないので、まずは地図を見てよく考える)
予定では赤いルート、実際はけっこう外れました。

お散歩マップ葛飾めぐり

駅から熊野神社へは、
途中の小学校を目印に進めば大丈夫そう。
迷うことなく約7分で到着しました。

青砥の熊野神社

熊野神社は平安時代に安倍晴明により建てられたと伝えられています。
龍のように蛇行する中川の中洲のような部分にあるのも
なんとなくよい土地なんだろうって感じます。

とっても立派な神社ですが、雨のせいか閑散としている感じでした。
脇にある小さな稲荷の祠はちょっと怖い雰囲気でした。
私は相性良くなかったみたいで、いろいろダメな感じでした。

そしてまたもや道を間違えて約五キロ、
多く歩いてしまいました~!!!

西側から出て川を少し南下したところの奥戸橋を渡り
さらに川沿いに南下したところの水神に行ってみる予定でした。
地図の赤ルートです。

実際は、神社を出る方向を間違え南側から出たため、
川をだいぶ南下したところの本奥戸橋を渡っていたようです。
地図のオレンジルートです。

地図からもお分かりいただける通り、
「なんか思ったより遠いな~~」と思いながらも呑気に歩き続け
随分歩いたとことにある工場で、やっと間違いに気がつきました。

蛇行する川沿いを歩くとすごく時間がかかるけど
桜散る中のいいお散歩になりました★

中川の川沿い nakagawa_dote.jpg

随分遠回りしちゃいましたが、やっと水神さん発見!!!

moblog_952226dd.jpg

とても小さな祠ですが、雰囲気の濃い場所でした。
周りの木のせいか、ここだけ雨が降ってませんでした。
龍みたいな川の横、水神様というからには、
昔からの由縁があるのでしょうか?

じつは、ここより北東の環七沿いにも水神社ありました。
のちのち調べたら、葛飾区には水神という地名もあるそうなので
葛飾区が何らかの水神の伝承があるのかもしれません。
こんど調べてみよう。

さて、ここから北上して高砂駅方面へ。

滅多に通らない貨物線専用の線路と何度か交差したり

貨物

新中川を渡る細田橋でジョナサンが黄昏てたり

かもめ

真下を通りましたが、
かもめってふかふかで暖かそうで丸かったです。
あくびもしてました。

ずいぶん歩きました。
やっと青龍神社に到着!!!

川の脇にある蓮池は龍神池のようです。
閑散としてますが、ここでも鳥様が黄昏てます。

龍神池

雨乞いの儀式もしていたらしい!

青龍

静かなお社は桜も咲いてとても素敵な雰囲気でした。
ちょっと怖い感じもしましたが、
神社って、神様って怖いものだと思います。

青龍

水神さんも青龍さんも、観光的な神社ではなく
この土地の人たちの信仰の対象で
盛大なウェルカム感を出しておらず
ここに静かにただずんでいるようでした。

当初は高砂駅から電車に乗ろうか迷ってましたが
もうここまで来たらいっちゃえ!と
柴又の帝釈天まで歩いてみることに。

高砂から柴又の商店街もレトロで面白いです。
柴又駅そばの八幡神社の狛犬さんは
我が家のマメちゃんのフサフサ時の形に似ていて
とても可愛いです。

葛飾八幡

雨天の平日ですが
帝釈天門前町は、さすがに少し賑わってました。
まずは通り抜けて帝釈天のお参りに。

帝釈天門前

帝釈天!
雷神インドラさんです。全ての悪を打ち砕く雷!
強くてかっこいいイメージで、四天王さんたちの親分です。

taishakuten_mon.jpg

鐘楼の前の桜がキレイ!!
人目を集めていました。

taishakuten_kane.jpg

お堂正面の柱には南無妙法蓮華経と書いてある。
あ!これは日蓮宗ですね!
(この前京都で気がつきました)
帝釈天って日蓮宗だったのか~イメージと違ってた。

帝釈堂の前の瑞龍松のパンチ力が半端ないです。
まるで龍が境内を渡っているかのよう!!!!
松の龍の腹の下をくぐって本堂へ入ります。

taishakuten_matsu.jpg

何かしらの法要をしていましたが、奥までは入れず
でも、天井の龍とか、欄間彫刻をちらちら見て楽しみました。
外面の周りには十二支の彫刻もあるようです。
扉折りたたみ部分にもあったので、子丑戌亥でした。
戌はなんと二匹の子犬!!丸っこくて異様に可愛かった♪

taishakuten_shuin.jpg

男前なお坊さんに御朱印もいただきました。
そうか、帝釈天を祀っている「題経寺」が正式名なんですね!
なにも知らなかった。

taishakuten_nyorai.jpg

恐らく、こちらは大日如来さんでは?
右の如来さん智拳印を結んでいるからきっとそう。
左の如来さんも恐らく胎蔵界の大日さんか?
と思ったけど、法界定印ではないから違うかな?
調べてみよう。

仏像をしょっちゅう見てるから、
だんだん見分けられるようになってきた♪
わかると、お寺巡りはより一層楽しい♪

それにしても、日蓮宗で大日如来さんいるのって
珍しいような気がします。
帝釈天をお祭りしている地点で、
ここは庶民派日蓮宗のような気がしてきました。

歩き疲れたので(3時間半くらい歩いたなぁ)
あの寅さんの撮影でも使われていた「とらや」で休憩。

粘り気のある草団子とコーヒーのセット550円。

taishakuten_toraya.jpg

じつは寅さんって見たことがないから
あんまりピンときませんでしたが、
奥には撮影で使われていた階段や座席も残っていました。

taishakuten_monzeneki.jpg

そういえば、雷神帝釈天なので
雷紋がいたるところにありました!!
門前商店街のゲートの上にも!
あのラーメンの器の四角いぐるぐるみたいなやつです。

こういう「紋」のデザインも面白いですね。
象徴がひと目で分かるし、おしゃれ。

あと一息。
もうここまで来たら電車に乗らず歩きます!
金町駅を目指します!

途中で布袋さん発見。

kanamachi_hotei.jpg

青砥出発 13:30
金町到着 17:45

結構歩いたな~。
葛飾散策楽しかったです♪

今回はイメージ集めという目的もありましたが
それ以上に学んだり、学びの種をたくさんゲット★
スポンサーサイト

| 旅・街 | 12:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/4201-d24491d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT