オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、文化紹介など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本の数え歌について♪

てんぐ きつねの森

ある数え歌に出会って気がついたことがあります。

日本の数え歌、文字歌って
すごく芸術的で美しい!!


五十音(四十七音)いろはは、
色は匂えど 散りぬるを
我が世 誰ぞ 常ならん・・・

全ての文字を使って(無理はしてますが)
無常や情景などを盛り込んだ美しいイメージが
次々にわいてくるような詩にしてますね。

戦後、それまでは一部の学者にしか使われていなかった
「あいうえお」を主にしたそうです。
まあ、確かに、あいうえおのほうが母音と子音を
分類しているので語学的にはわかりやすいです。
ただ、いろはと比較するとカッチカチな感じ。

文字のほかにも、

化学記号(H、He、Li・・・)の覚え方、
水兵リーベ僕の船、
七曲りシップスクラークか

歴史の年号語呂合わせなんて本当にいっぱい!
鳴くよ鶯、平安京(794年)
意欲に燃えるコロンブス(1492年)
平清盛、いい胸毛(1167年に太政大臣になった年)

情景だけでなく、なんとなく人物のキャラクターも
想像できて愛着すら沸いてきます。
大学受験で世界史の年号を本一冊分くらい覚えましたが
語呂があるからできたのだと思います。

こうやって、文字や数字や記号を覚えるときには
何かにつけて語呂合わせを作って、
言葉のリズムや、現されたイメージで覚えています。

素敵な文化だなぁ~~~♪
改めて、日本人の感性の豊かさに感動!


はじめに書いた、数え歌にも素敵なのがありました。

ひとりでさびし
ふたりで参りましょう
見渡すかぎり
嫁菜(野菊のこと)にたんぽぽ
妹の好きな
紫すみれ
菜の花咲いた
優しいちょうちょ
ここのつ米や
唐(遠)まで招く


縄跳び歌、お手玉歌、手まり歌、などで歌われる
わらべ歌なのだそうですが、
春のような綺麗な情景が浮かんでくるような
とても素敵な数え歌です。
数える数字もファンタジーにしてしまう
日本の感性って素敵ですね。

こちらの豊かな数え歌も4/18のLiveの中で
踊らせていただくことになりました。
私にとっても、素敵な歌とのご縁、
日本の素敵な文化への気づきをいただけた機会です。

優しい歌です♪
お時間ありましたらぜひぜひ、お越しくださいませ★

きつねの森フライヤー

2015年4月18日(土)
開場 18:00
開演 19:00
チャージ3,000円
(ビュッフェ付/ドリンク別)

【出演】
小林てつや、FaE、きつねの森

※きつねの森のメンバー
坂野知恵/歌、楽器色々
坂野いぶき/ギター、楽器色々
padma/踊り

【場所】
Live&Bar SECOND STEP
東京都千代田区神田美土代町11-2 B1F

【お問い合わせ・ご予約】
Padmaへメール dance@padmatic.com

【詳細リンク】
FaceBookイベントページ
PadmaのHP
スポンサーサイト

| 民族文化紹介 | 10:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/4191-3d5f71cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT