オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、文化紹介など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

冬の京都、お寺とお茶菓子な旅2日目 2015

京都二日目は二人旅。
仲間がいるとより楽しい♪
まずは京都駅の南口で朝カフェ。

1907463_730617320379390_1508355769701010178_n.jpg

まいこはんラテ!!!
見えてませんが、マフィンの上にはオレオがまるごと乗ってます。

10988486_730617287046060_8229322202469391878_n.jpg

駅の通路では、いろんなメッセージや模様、五重塔などの形で落ちる水のアートがありました。
ずっと見ていても飽きないので、これはあるいみテンプテーション的な罠ですね。
少し罠にハマりましたが、気を取り直して出発!!!

まずは素敵な素敵な東寺(教王護国寺)へ。
京都駅からは徒歩で10分もかかりません。

やっぱり何度来ても素敵空気感、
何度見ても素晴らしい立体曼荼羅の仏像様たち。

冬の京の旅企画では、五重塔も公開していたので早速行ってみます。
まずは堂内をぐるっとまわって、中の装飾や仏像を観察。
わからないこともたくさん。

10422042_730617413712714_6465053798840006496_n.jpg

先日に引き続き、特別公開には観光局の方が案内してくれます。
わからない・気づかなかったことを教えてもらえました。
そしてもう一度回るとより楽しめました。

五重塔の内部では、講堂の立体曼荼羅中央部分の
5人の如来さんたちを表していることも分かりました。
四方にそれぞれ如来さんがいて、
中央の柱が、大日如来さんを表しているとは!!!!

真言密教の「真理」の教えはここにもありました。

やっぱり東寺すごい!!!!!
うおーってなって、塔前で降三世印(東寺に降三世明王さんいませんが)組んで
写真を撮ってもらったら、しゅい~んと光の線が!?

1780745_730617440379378_1395759379522577482_n.jpg

そのあとに瓢箪池のベンチでも、私の上に光のアーチが!?

1904180_730617453712710_4234635769287206109_n.jpg

光の加減なんでしょうが、
こんないい感じの写真を撮らせてもらえて
五重塔のご利益でしょうかね~~~~♪

10985586_730617347046054_8803302828440299208_n.jpg

冬の瓢箪池も美しいです。
水面の向こうの世界。世界は二倍広い気がします。
池の中の丸い石もいい感じ。
人が来るとすごい勢いで近づいてくる鯉。
小さいですが、たくさん詰まったいい池だなぁ~。

1526350_730617430379379_702577228220789560_n.jpg

東寺敷地の外にある大師堂も好きです。
ここは拝観料とかかからないから、いつでも誰でもお参りできます。
敷地に入ってすぐの毘沙門天像は、
平安京の南にあった羅城門にいた像なのだと
お参りに来てた地元のおばちゃまが教えてくれました。
羅城門!!!
羅城門自体は今はないけど、
そこにあった仏像を今ここに感じられることがすごいことです。

10947299_730617463712709_8242158569819789208_n.jpg

中央の大師堂には、弘法大師空海さんと、不動明王さんが祀られています。

ここはすごくウェルカムでまろやかな雰囲気が漂っていて、
弘法さんが今でもたくさんの人にしたわれているのを
肌で感じられる場所だと思います。

随分長居してお腹がすいてしまいました。
東寺すぐ横のお蕎麦屋さんで昼食です。

10958047_730617480379374_4233400122627644216_n.jpg

京都に来たら必ず食べるにしんそばはやっぱり美味い!
これは絶対食べたほうがいいやつ!

お腹も温まったので、次の目的地、臨済宗妙心寺へ。
京都駅から嵯峨野線で花園駅、ここから徒歩5分。

10991136_730617520379370_3032482134341065543_n.jpg

まず、あまりの広さに驚いてしまいました。
10万坪、、、46の塔頭があるらしい。
急いだところで見尽くせないと思ったので、ゆっくりと見れるとこだけ。
こちらのお寺では、二つの特別公開がありましたのでまずはそこから。

三門は普段は毎年6/18の午前中だけ公開するそうですが
この特別公開期間中はゆっくりと見れる&説明も聞けます。
16羅漢像と、珍しい坐像の観音菩薩さん、壁の模様は極彩色!
なんといっても、天井の龍、迦陵頻伽、勝手にならないように縛られた楽器の絵が豪華!

衡梅院では、有名な日本の芸術家たちの源流のお話や、
妙心寺派の会計制度と質素倹約の精神の理由の説明が
とても面白かったです。

襖絵や茶室も良かったけど、一番良かったのは
コケがキラキラと明るい印象の庭です。
新緑の時期が本当はもっと素敵らしいけど、公開しないのが残念。

10978635_730617530379369_4194216413052650707_n.jpg

砂利や石の枯山水庭もいいですが、こっちの庭は柔らかくて癒し系ですね。

このあと、法堂の天井の龍と黄鐘の鐘を見学。
雅楽の音の一つ(ラの音にあたります)、「黄鐘(おうしき)」の元になっている
とても古い鐘と、その録音を聞くことができました。

最後に明智風呂という浴室。
明智光秀の父が、息子を弔うために建てた浴室で
お坊さんが蒸し風呂で座禅しながら供養するための場所です。
割と最近まで使われていたというのが驚きでした。

さて、スタンプラリーのスタンプが3つ溜まったので、
妙心寺すぐそばの花園会館でお茶とお菓子をご馳走になりました!

10986667_730617567046032_2201190944027463311_n.jpg

嬉しい~!!!!

休憩を楽しんだあとは、バスで三条京阪へ。
ここから街散策しながら夕飯のたこ入道をめざします。

途中、坂本龍馬ゆかりの材木商酢屋さんで、
すてきな茶器セットを見つけました。

10676195_730618613712594_2253853074018177829_n.jpg

これで家でもお茶とお菓子で京都気分を味わえます。

高瀬川沿いの蛸入道で、お惣菜や明石焼きを食べてから
老舗のカフェソワレへ!

10991058_730617680379354_6408951830432625425_n.jpg

青い店内。
2階の方がより青いですね!

10968384_730617650379357_7451187487996868076_n.jpg

コーヒーとケーキ♪

10959584_730617610379361_2584061114823054034_n.jpg

随分喋って居座りました。
二日目の旅はこれでおしまいです。
三日目も引き続きたっぷりめぐりました~!
日記はまた後日。
スポンサーサイト

| 旅・街 | 12:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/4149-c54f11c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT