FC2ブログ

オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、アクセサリー制作など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京都と琵琶湖の旅日記 三日目(嵐山で写経)

三日目は京都・嵐山からスタートです。
嵐山にも何度か行きましたが、まだまだ見どころ満載です。

まずはじめは嵯峨野線で嵯峨嵐山駅、そこから北に歩いて約15分。
真言宗の大本山・大覚寺と大沢池です。

大沢池が素晴らしいところです。
龍神池と勝手に命名。

3大沢湖

空間の広さと、水面に映る向こう側の空間の広さ
ここも世界が2倍に感じる場所です。
龍神池は天鏡です。

コイと鴨がのんきにゆらゆらしてました。のどかです。
笛吹いたら、ここの鯉が龍になったらいいな~。

3大沢湖ひなたぼっこ

日当たりがいいので休憩。

3大覚寺御影堂前

お隣の大覚寺も素晴らしい空気のお寺です。
シンプルですが、全てがあるような感じでした。

ちょうどカメムシの元気な時期だったようで、
カメムシ地雷を避けて歩くので、足元ばかり見ながらの歩行

3大覚寺村雨の廊下

村雨の廊下は柱の縦ラインが雨、
直角に曲がる回廊が稲妻
・・やっぱり龍が出そうです。

鴬張りの床と
刀や槍を振り回せないように天井を低くしているのは
離宮だった時の名残ですかね~。(不明)

大覚寺はもともと平安初期に建てられた離宮で
876年に開山(お寺となること)してから
空海の勧めで、当時の嵯峨天皇の般若心経が奉安されてから
写経の根本道場のようなお寺になったそうです。

と言う事で写経の聖地(?)で写経に挑戦です。

写経は五大堂という大沢池に面したお堂で行います。
不動明王を中心とした五大明王み見守られた道場での写経。
五体とも素晴らしくカッコイイ仏像で、身が引き締まります。

ここでできる写経は3種類(じつは4種類)

1:短い写経 500円
10分かからないと思います。
般若心経の最後、ぎやーていぎゃーていのところからです。
3行といったところかな。

2:普通の写経 1000円
般若心経すべてを写経します。

3:愛染写経 2000円
般若心経の写経に加えて、愛染明王さんのお顔の写仏、
お香と筆ペンがセットになってます。
(写真には、朱印と不動明王お線香も)

3大覚寺愛染写経セット

どうせなら全部!ってことで愛染写経に決定★

まずは手を香で清めてからスタート!
(このお香がものすご~~~~く良い香りでつい嗅いでしまう)

3大覚寺愛染写経

約1時間半!!!!
ヘタレの私は、早々に足がしびれ、足を交互に(密かに)崩しながら
また、寒さと戦いながら
でも一文字に集中せねば!と意識が行ったり来たり揺らぎながら
なんとか書き終えることができました。

あとで見ると、文字で心が揺らいでいたとこがわかります。
これが写経か。戦いでした。
色即是空空即是色・・・には程遠いです。

写経はこのあと、お堂のロウソクにかざし時計回りに3周、
黙読してから奉納しました。

筆で描く・正座(椅子の席もありました)・寒い・長い・・と
思った以上に戦いが多く大変でしたが
やってみてよかった!とても清々しい気分でした。

ちなみに、となりのお堂では、一文字写経というのも納められます。
般若心経の一文字一文字には仏様が宿っているので
その中の一文字を選んでなぞり、お願い事などをその下に書くというもの。
100円で、お手軽にできる分、一文字に全集中力を注げます。

羅を選んで書いてきました♪

こうやって、いろんな人が、その人のできる範囲でやれるように
道を用意してくれているのも、仏の心なのでしょうかね。
仏の道は苦しいだけではなく、楽しんでできることもあるんだな~。

素敵なお寺でした。
また行きたいです。今度はもっと上手に写経したいな~♪

冷えた&お腹がすきました。
異様に蕎麦が食べたくなりました。

大覚寺からバスで数分、天龍寺前で下車。
そこから約3分の渡月橋横の食堂で
京都名物にしんそば!!!

3ニシンそば

うまし~!!!!!!!!
五臓六腑に染み渡りました。
甘いにしんと、だしの効いたお蕎麦♪
元気100倍!!!!!!!!

いざ、世界遺産天龍寺へ!!!

3天龍寺

と思ったら閉館時間でした。
大覚寺でのんびりしすぎたかな。
天龍寺は外観だけちらっと見たところ南禅寺と同じ感じがしました♪
きっといいお寺です。次回は行きたいです!

嵐山の風景を楽しむことに。

3渡月橋の天鏡

渡月橋は素敵ですね。
たっぷりしてます。潤いの京都。

こちらの天鏡も妙。

なにか甘いものが絶対に食べたくなったのでおやつ探し。
寒いのに、ピンと来てしまった鼓月のアイス♪
ほんのり甘く柔らかめのクッキー生地で
ほんのり甘いアイスをはさんだ夢のようにふわっと香るアイス

3鼓月のアイス

美味しすぎて、美味しいしか言えなかった。
その美味しさは、このあと河原町の鼓月にも入店したというくらい

3嵐電トロッコ

満足したので、つぎは嵐電で3駅、車折神社

3車折神社へ

駅ホームからの写真は、なんだか、ジブリっぽい雰囲気。
車折神社は芸能の神社でもあるそうで、
たくさんの芸能人が奉納した赤い板棒がずらりと並び
なんだかちょっと怖かったです。

その前にある清少納言の祠がちょっと気になったので
いろいろお願いしてきました。

そのまま嵐電で四条大宮まで。
四条大宮からバスで河原町へ。
バスから、たまたま生徒さんの親戚の方のお店の名前が見えたので
行ってみることにしました♪

3kineya.jpg

和装小物の販売店きねやさん
賑やかな河原町通りの商店街にあります。
最近はブティックやらお土産向けの京都小物のお店が多いようですが
昔はこういう和装のお店もきっとたくさんあったんだろうなぁ。

綺麗な半衿などたくさん売っていたので、今度は和装小物も買いに行きたいなぁ。

河原町通りには、いい感じに黄ばんたカフェもたくさんあります。
そのうちのどこかにはいりたいな~と、目に付いたインパルス。

3インパルス外観

よい雰囲気です。
この感じ、すご~くしっくりくるなぁ。

3インパルスシナモンコーヒー

コーヒーの種類はいろいろあったのだけど、
ここは甘いもの!!!シナモンコーヒー♪
クリームたっぷりでした。

そこからしばらく歩いて(もうどこを歩いているのは私にはわかりませんでしたが)
高瀬川に面した料理屋さんへ。

御旅屋(おたや)という店名は、店主さんのお名前なのだとか。

3御旅屋外観

料理は驚きの連続でした。
何を食べてもうま~~~~~~~~~い!!!!!!!!
たぶん、私の人生で一番だと思います。

3御旅屋かます

こんなに優しいカマスを食べたのは初めてでした。
お風呂のような優しさでした。
土瓶蒸しもすごいです。だしを味わう文化ってすごいですよね。

味覚が研ぎ澄まされる感じがしました。

3御旅屋プリン

甘いものばかり食べてますが、
ここは甘味もうまかろうと、やっぱりここでも食べちゃう。
和三盆の凍ったプリン!!

寒いけど、そんなの関係ねー

美味しすぎてこれもまた美味しいしか言えませんでした。
京都の料理、味が深いところにあるんだな。

浅いところの味ばかり食べていると
深いところの味に気がつかない事が多いのではないかな~

味覚も、禅。
感覚は磨くと澄みますね、きっと。
そして、料理人さんとの対面であり、
素材との対面でもある。

お腹いっぱいで三日目も終了。
スポンサーサイト



| 旅・街 | 14:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/4051-fbfcc47f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT