FC2ブログ

オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、アクセサリー制作など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

海神、風神、雷神、ときどき蛇神

日本の神様と、インドの神様は繋がっています。
もっと言うと、ギリシア・ローマや北欧、世界中の神様って繋がってますよね。
(一神教ではない古からの自然などの神様)

日本で人気のある弁財天さんは、
ヒンドゥー教の創造神ブラフマーの奥さんのサラスバティーだし、
大黒様はシヴァ、帝釈天は雷神インドラ、風神はヴァーユ、
ヴァーユはギリシア神話では西風ゼフュロス、
他にも北風、南風、東風もいますが、、、

国や地域が違っても
自然や芸術や音楽は、世界中どこでも同じだから
それらを擬人化して信仰する文化は同じなんですよね。

錫杖と剣

今回のライブでは、踊りではそういったことを表現していきたいと思います★
参考に・・・・

◆ワタツミ(わだつみ・綿津見)
海の神様、海そのもの
日本神話では、イザナギノミコト(天)とイザナミノミコト(地)の間に生まれたとされます。
また、龍宮(海宮)はこの海神の住むお城で、浦島太郎にお話に登場する乙姫様は
海神の娘なのだという伝説もあります。
ポセイドンやネプチューンやトリトンも海神さんですね。
人魚の王様の姿で登場することもあります。

生命の誕生の場所である海は、空と海底(大地)をつないで
地球をどこまでも自由に流れて陸と空気を繋いで巡る海。
人間の体は約60~70%が水分だと聞きましたが、
地球の海も約70%でしたよね?

そう思うと、海は地球の生命の源だと感じます。


◆雷神
日本神話では8人の雷神がいるらしいです。
民間信仰では、おへそを取りに来る雷様とか、天神(雷神)様になった菅原道真とか色々出てきますが、
やっぱり雷って恐ろしくてインパクト大だから、イマジネーション掻き立てられますよね。
イケメン武神様で有名な帝釈天もインドの雷神インドラです。
この神様はヒンドゥー教が始まる前からインドで信仰されていたそうです。
強い天神様、武神様、荒くれ神様のイメージが強そうですね。

雷神さんの武器といえば、光と音!!
形がないものですが、最強な感じがします。


◆風神
日本神話ではイザナギとイザナミの間に生まれた神様の一人です。
民間信仰では、ものすごくいろんな姿でイメージされています。
やさしい風、荒々しい風、ぬるい風、涼しい風、、いろんな風があるからでしょうね。
「風邪」はどちらかというと、悪い風の妖怪でしょうか。
妖怪と自然の神様って紙一重、というか同じなのでしょうか。
インドでは、いくつかの物語の英雄が風天ヴァーユの化身だったりします。

いろんな顔をみせる風神さんは、
すごく感情豊かで気まぐれな感じがします。


◆時
万物・宇宙・生物に与えられた変えられない法則。(ウィキペディア)
止まることも戻ることもなく、過去から未来に回り続けるものですね。
この法則から逃れる術はあるのでしょうか?
ギリシア神話ではクロノスでゼウスたちのお父さんです。


◆蛇神
龍神と同一とされることも多く、川や生命の象徴として祀られることが多い神様。
インドではナーガ。「長い」や「スネイク」の語源とも言われています。
また、シヴァの一族?とされています。
破壊と再生の神シヴァと、毒と牙を持ち脱皮して新たな形を得る蛇、
どちらも土と生命と豊穣のイメージにつながりますね。

破壊しなければ再生はできません。
再生に繋がる破壊に導いてくれる破壊神というイメージです。

スポンサーサイト



| 民族文化紹介 | 11:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/3916-a076a5c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT