FC2ブログ

オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、アクセサリー制作など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014春の京都巡り その6 源光庵と常照寺

京都の旅、最終日。

どうしても行きたいので、源光庵に再チャレンジすることにしました!
近くまで行く電車がないのでバスか徒歩か・・・迷いましたが、
ここはがっつり歩いて行こう!!!

京都駅から烏丸線で北上し、北山駅へ。
ここの駅前はおしゃれタウンですが、まだ早かったのでお店はやってません。
帰りに回ってみよう!

いざ源光庵へ!!

北山から西へ約1.5時間、登ります。
駅から少し行くと、加茂川を渡ります。

加茂川の桜

ここも桜の名所です。
山紫水明。風光明媚。爽快です。

川を渡ると、しばらく街を歩きます。
気温がだんだん上がってくるので結構あつ~~~い。
地図と方位磁針を頼りにどんどん進んでいくと、登りの傾斜もきつくなって行きます。
ずいぶん歩いてやっと到着!!!!

鷹峯源光庵。曹洞宗のお寺です。
やっと来れた!!!

源光庵の門

とてもいい空気です。
ご住職と奥さん二人で守っているのかな?
優しく迎えてくれました。
小さなお寺ですが、静かで居心地がよいです。
住みたいです。

ここで有名なのは「悟りの窓」という丸窓です。
四角い窓と丸窓を眺めました。
感じたことは文章にはできないものですね~。

源光庵の悟りの窓

桃山時代の血天井も見所です。
手の跡、足の跡、これがあるのも意味があるのかな~~~

一通り見回って、ご本尊にもご挨拶をして、
一番居心地が良い、庭が見渡せる縁側に座って1時半のんびりしました。
何もしないけど、色んなことした1時間半でした。

源光庵の方丈 源光庵の庭

たまに通る車の音以外は、風の音、草の音、人の足音、
虫の羽音、鳥の鳴き声、お寺の軋む音・・などなど
音と気配がよく感じられる土地です。
静かなお父さんのおうなお寺でした。
また来よう♪

ずいぶん長居してしまいお腹ぺこぺこですが、
隣に素敵なお寺を見つけてしまいました。
桜の門がたおやかで華やかな雰囲気です。

常照寺の門

常照寺は、伝説の花魁、吉野太夫ゆかりのお寺です。
なるほど、女性らしい華やかさがあるお寺なわけですね。

常照寺の桜

桜がちらちらと舞う、すごい素敵なお寺!!!
庭の奥には林に囲まれた池と白馬観音様像もいて
とても秘境みたいな雰囲気もありました。

常照寺の通路

一通りまわったあとは、桜の前でお抹茶タイムです。
良い空気の中で飲むお茶はより美味しく感じます。

常照寺でお抹茶

それにしても、お抹茶ってすごく綺麗です。
お菓子も、側面が桜模様でした。綺麗♪

いいお寺でした。
入ってみてよかったです♪

さて、またここから北山駅まで元来た道を戻ります。
気温が上がっているので結構厳しい~~
でも、帰りは下りだから、行きよりはスイスイ進んでます。

やっとのことで加茂川に♪

加茂川の川辺と桜の風景

やっぱり良い眺め。
ちょっと降りてみて、水を近くで眺めてから駅方面へ。
昼はどこも混んでいるので、お昼ご飯になかなかありつけず、、
さんざん歩き回ったあとに、駅のハズレにアジアンなカフェ発見♪

baligasi ランチ

牛肉のサラダご飯!
だいぶ消耗したからお肉です!!

バリ珈琲

食後のバリ珈琲♪
カップがかわいい~~☆こういうの嬉しいです。
ちょっと回復!!まだ歩けそう!

北山から四条まで電車で移動したあとは
四条散策をして(割と疲れきって意識朦朧)、
そこから烏丸通を南下し京都駅を目指します。

流石に疲れきってますが、あと少し京都をじっくり味わおう。

東本願寺の門の上に鳥!
なんだか風になびいて偉そうな感じ!
気持ちよさそうだなぁ。

東本願寺のさぎ

京都駅に到着。
駅の屋上に着いたら、ちょうど日没でした。

あ~、日が沈んでしまう、京都旅行が終わってしまう、
終わらないで~!!!帰りたくない~!!!

京都の日の入り

こんなに悲しい日没は初めてでした。

京都を上から眺める

アンニュイに浸ったあとは、北側から京都を一望。
まわった所を眺めてみました。

今回、自分の意志と足で巡ったせいか、
京都の全体像がちょっと分かりました。
自分が歩いた距離の多さも実感できました。

いや~、よく歩いたなぁ。
スポンサーサイト



| 旅・街 | 03:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/3869-834cde66

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT