FC2ブログ

オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、アクセサリー制作など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日は芸術日和


せっかくファラオなチケットをいただいたので
行ってきました!!!ツタンカーメン展!!!!
(明日1/20までですよ~!!)

ちょっと出遅れて、1時半位に到着。
せいぜい並んでも2時間くらい~??と思っていたら・・・

moblog_6350d56d.jpg
5時!
整理券を配布していて、しかも5時から並べるという整理券。
おそるべし・・・

せっかく時間が空いたので、久しぶりに美術館巡りへGO~!!!
上野公園は見るところいっぱいで一日遊べます。
ふらっと散歩しながら美術館のShopを巡り、気になる展覧会があったら入ってみるのです。

moblog_3f84c144.jpg

東京都美術館では今日からエルグレコ展やってましたよ~!!
かなり気になるところでしたが、エルグレコは
色とテーマ的にエネルギーをかなり消費する気がしたのでまた今度。

西洋美術館は、ロダン展「手の痕跡」!

moblog_afec33eb.jpg

ロダン・・・考える人とか地獄の門くらいしか知りませんが
広告に出ていたスケッチがが(蛇をまとう男?)すごく印象的だったので
入ってみることにしました♪

いままでロダンという人にあまり興味を持っていませんでした。
でも、今日という日を堺に私の人生も変わりました!!
ロダンすごい~!!!

いくつかの彫刻は生きてました。
印象的だったのは、
青銅時代、エヴァ、泣く女、洗礼者ヨハネの首。
素人から見ても、この4つは絶対生きてる!!!と感じました。
他にもいくつかすごいのがありましたが。

ロダンの彫刻は、見栄えの美しさよりも、
生きていることのエネルギーみたいなものが渦巻いていて
特に悲しみとか痛みとか苦しみが詰まっていました。
でもそれが生きることの証、のような。

息をしているその一瞬のすべてがそこに置かれていました。

すごいです、ロダン。
これが創造するということ。
神業ってこういうことなのでしょうかね。芸術って恐ろしい。

衝撃を受けたあとは、そのまま同じチケットで入れる常設展へ。
こちらも気になってはいましたが、いつかはいろうといつも先延ばししてたので
この機会に入ってみました!
こちらはいつも400円くらいではいれます。

有名どころだと、モネ、ルノアールの印象派から
ピカソ、宗教画、肖像画、静物画、と様々。

流石にピカソの破天荒な男女の絵と
モネ、マネの光の表現は印象的でしたが
それ以外の特に宗教画や肖像画には商業的な匂いというか
意図的な感じが見え隠れして、きれいだけど心には響いてこなかった。

あ、でも、よく描かれる聖書のテーマで、
悪魔に誘惑されて困っている聖者の絵(聖アントニウスでしたかね??)
誰の作品だかなんだか見るの忘れましたが、
悪魔とか妖怪みたいな生き物が、可愛くて楽しそうでファンタジーで
とっても惹かれるものがありました。
天使より悪魔の方が面白い。

常設展もかなり作品数も多く(幅広いので400円はお得ですよね)
かなり歩き回ったので、ミュージアムカフェ「すいれん」で休憩。

moblog_9d2599ec.jpg

白金タルト!?
なんとオホホな響き。
美味しかったです♪

東京文化会館で公演のチラシやShopを一通り周り
ちょうど5時になったので、いざ!!エジプトへ!!

moblog_2a0dcae8.jpg

ディズニーランドのアトラクションのような長蛇の列。
でも、意外と30分くらいで入れました。

ただ、中は師走の御徒町並の人口密度だし
展示品は細かいものが多かったりとで
あまりじっくり見れず、だいたいを
さら~~~~~~~~っと歩いたので
実際は15分くらいで見終わってしまいました。

装飾とかデザインはあんまりちゃんと見れませんでしたが
素材を感じさせない技術が気になりました。

歴史的なモノを見るときは、結構素材を気にしています。
そこからその時代の国力とか技術が想像できます。
今日見て驚いたのは、
綺麗なガラスや陶器のように見える食器や壷も
金細工のような椅子やタンスも
木で出来ていたこと!!
木には見えません~~~~(私だけかもしれませんが)
そして、その木が残っているってのもすごいことですよね。

あと、ファイアンスという素材が気になりました。
調べてみたらどうやら焼き物のようですが、
とっても発色が美しくて、目の覚めるようなトルコブルーは宝石のようでした。

あんなにたくさんアクセサリーや調度品に埋め込まれた宝石も
綺麗に整って切り出されてます。これはすごい技術なのでは?

いまのエジプトのズボラ具合からは考えられない緻密さ。
古代の神秘でした。
とても楽しかったです。


そして最後のイベントは、
素敵なピアニストで作曲家の三枝伸太郎さんが演奏するライブに。
なんと北千住みゆき!

moblog_fc54c511.jpg

月に1回くらい出演されているみたいです。
三枝さんの演奏って、ロダンの彫刻くらい魂こもってます。
だからこちらも目が離せず(耳が離せず?)
40分の3ステージがあっという間でもっと聞きたかったです!

踊るような演奏でした。
初めてお聞きするオリジナル曲もイメージがどんどん溢れて
映画を見たような気分。

目に見えないものが見えるってすごいことですよね。
これもきっと神業。

すばらしく充実した休日でした。
スポンサーサイト



| 音楽・アート | 00:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/3353-fbe260bd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT