FC2ブログ

オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、アクセサリー制作など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アレグリアスのカスティジャーノ

フラメンコは発表会もひと段落したので通常のレッスン体勢に戻りました。

新たにアレグリアスに突入~♪
今までのセビジャーナスとファンダンゴは割と単純な3拍子系だったので
リズムの取り方は難しくはありませんでしたが
アレグリアスからはいよいよ1コンパスが12カウント~!!

よりフラメンコらしくなってまいりました♪

事務的に説明すると・・・
12からスタートします。
12を3・3・2・2・2で分けます。

これがとっても心地よいノリです。

そして、構成がよりフラメンコ的になります。
いままでの2曲はどちらかと言うと「歌謡曲」的
(前奏、1番、間奏、2番、後奏のようなつくり)でしたが
アレグリアスからは交響曲みたいに展開があります。

なんか壮大~♪

発表会で先輩方の音楽スタッフさんたちとのやり取りを
かなりたくさん見させていただいてたのもあって、
最近やっとフラメンコの音楽構成の存在と言うか意味が
理解できるようになって来た気がします。
奥が深いのです。

踊り手も音楽構成を作りながら振りを作るので
音楽のこと分からないといけませんね。
音楽の理解と感覚が大事な踊りの要素の一つです。
これってどのダンスにも言えることなんだと思います。

そんな壮大(?)なアレグリアスも、
発表会前に大まかな構成名や「エスコビージャ」という
サパテアード(足を慣らす技術を見せる)をするパートだけ習いました。
今日は「カスティジャーノ」という、4コンパスの短い歌のつくパートの
マルカール(歌にあわせてステップを踏む)を習いました。

いよいよ~という感じで、この先がすごく楽しみ♪
スポンサーサイト



| フラメンコ | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/2958-a1e3ba47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT