FC2ブログ

オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、アクセサリー制作など、つれづれなるままに・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラ・バヤデール

今日は完全休日!
家から一歩も出ずにダラダラ~♪たまにはアリかも。
最近お気に入りのディアゴスティーニのバレエシリーズ鑑賞~

バレエやオペラなど舞台ものは、演出とか群舞や小道具なども
とても面白くてとても勉強になります。
本当は生で見に行きたいのですが・・・

今日見たのは「ラ・バヤデール」という
インドのお話をテーマにしたバレエ。

簡単に言えば、インドの神聖な踊り子と兵士隊長は恋人同士でしたが
踊り子に惚れた高僧の陰謀、兵士と結婚したい王女と王の陰謀で
踊り子が死に、兵士は後悔の念でアヘン中毒になるという話。

踊り子に偉い人が横恋慕するのはインドでも良くあるストーリーです。
5年前くらいに、ラジニカーント(踊るマハラジャで日本でも有名な南インドのスター)が主演の
「チャンドラムキ」という映画が話題になりましたが、そこでは
踊り子と振り付け師が嫉妬した王様に火あぶりと斬首にされるってくだりがありました
すごく長くて途中1時間くらい中だるみする映画ですが、
踊り子と振り付け師が殺される前に王様の前で一緒に踊るシーンや
踊り子の幽霊にとりつかれた女性が乱舞するシーンがすばらしいです。
気になる方はチェックしてみてください。
http://www.youtube.com/watch?v=G_X1XXFxdRI

話がそれました。

ラ・バヤデールの魅力が全く伝わりませんね::失礼。

まずは、衣装がとても良いですよ♪
インド風~派手さはありませんが、紫とか黄色にインドらしさを感じました。
デザインもインドのサーキュラースカートやランガードレスみたいな形など。

宮殿の舞台美術がすごく素敵です♪
どちらかと言うと、ペルシア系の建築美術のイメージに近い気もしますが
(インドではあまり使われているのが見たこと無い技法だったので)
ぼわっと温かな灯りに照らし出される、繊細で重厚な
ムカルナス(壁から天井に掛けての装飾建築)が素敵~~~

インドの王様が良くやってる行列パレード??
(天蓋つきの興しに乗ってたり、象にのってたり・・・イメージ湧きます?)
の、たくさんの従者による行列の表現が面白いです。
一度に出てきませんが、数百の従者の様々な隊に構成された豪華で盛大な
パレードが決められたスペースの舞台上で見事に表現されています。

照明もすごいです。
踊り手の列が暗闇に浮かび上がるように、
照明を当てているのですが、どこからどうやって当てているのか謎です。
気になります。。。不思議~!

音楽もすごい。
クラシックの音楽なので、楽譜があり決まった音をオーケストラ演奏してますが
踊りとあわせているので、
回転やジャンプ、演技なんかにもきちんとあわせてタイミングをはめて演奏。
これって誰がすごいのか全く分かりませんが、
指揮者だけじゃなくて奏者も踊り手をしっかり見ているんだろうなぁ。
一人だけじゃなくて、大勢の演奏家の息がピッタリと合うってのがすごい。

そして、やはりバレエは手足の動きがとても綺麗。
そして超人的。

舞台を創っている人たちの
技術と即興力と、、いろんなことに感動しますね。

次の人生では演出家を目指したいです♪


オペラやバレエの中では、オリエンタルものとかスペインもの、
神話やファンタジーものが好きです。

まだまだいろいろ見てみたいです。
スポンサーサイト



| 音楽・アート | 01:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://banjara.blog105.fc2.com/tb.php/2880-15aee814

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT