FC2ブログ

オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、アクセサリー制作など、つれづれなるままに・・・

2020年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ハロウィンメイク🎃


皆さんも!!!
スポンサーサイト



| 衣装・アイテム・メイク | 13:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ラジオ絵巻】将門記2話(貞盛、去就に迷う)



皆様こんにちは。Padmaでございます。
閲覧くださりありがとうございま~す♪

先日スタートした「赤蓮華ラジオ絵巻」は
なかなか好評のようで嬉しいです✨😊

毎回1話ずつ。
古典を気楽に楽しんていこう!
という企画です♪

fc2blog_2020102712322021b.jpg

最初は「将門記」を読み進めております。
では、続きを読んでまいりましょう!

前回は
将門は源扶に不意打ちされて苦戦したが
順風に恵まれ勝利し、倒した敵の屋敷も
容赦なく全て焼き払った🔥🏠🔥

というお話でしたね。




実はこの戦いで、
源氏に味方していた将門の伯父のうちの一人
国香(くにか)が撃たれて亡くなっています。

国香の息子、貞盛が今回の主人公ですね。

fc2blog_20201027184239e63.jpg

貞盛は将門とは従兄弟で、
もともと交流もありました。

この時は、
京都で上手く立ち回って出世し
役人として活躍していました。

以前に将門も都にいたことはありますが
都の公家との官官接待的なやり取りに馴染めず
昇進できぬまま坂東に戻っていたのですが
貞盛はそう言った都のやり方が上手だったのでしょうね。

貞盛は父が将門に撃たれ、
自分も源護の娘を娶っていたので源氏とは親戚でもあるのですが
しばらく都にいて、参戦するかどうか
身の振り方に迷っていました。

しかし、父の死を悲しみ、
生き残った母たちが山に隠れて過ごしているのを心配し
都の上司たちに休暇を願い出て坂東へ帰ってきました。

喪の装束をまとい、父の弔いを終えて
実情を調べてみると

父の死は、将門のせいではなく
平氏一族や源氏との関係のもつれが原因だ

ということは考えていたようです。

自分は都で役職もあり、もっと出世したいし
出家した母親も養いたい、土地の運営もあるので

自分は都で、将門は坂東で
ともに仲良くしてこの縁を天下に知らしめよう
だから将門とは仲良くしたいと考えました。

父と、嫁の兄を将門に殺されたけど
将門とは敵対しない
という決断をした貞盛のエピソードです。

途中、「花」という文字が出てきます。
花は都の意味で、花の城は京都、
花夷は都と坂東を表します。

都人の貞盛と東人の将門の対比がここで見えてきます。

それでは本文の朗読は
動画でお楽しみください。




いかがでしたでしょうか?

途中で冠や装束の記述がありましたね。
はっきりとはわかりませんが
喪の装束(喪服)のようです。

貞盛が父の国香を弔う間、
着用していたようです。

どんな装束かお分かりの方がいらっしゃいましたら
コメント欄などで教えていただけたら嬉しいです。



武と正直さの将門とは対照的な
知と柔軟さの貞盛。

この二入りの今後の関係も気になりますね。

次回は、敵対する伯父さんの一人、良正登場です。
どんどん周りの人たちが巻き込まれていきますね。

次回もお楽しみに♪

Youtubeでのラジオ絵巻配信をいたします。

よろしければチャンネル登録をよろしくお願いしますね!
★「赤蓮華絵巻 Padmatic】
https://www.youtube.com/user/yumiko732

ベルマークボタンで通知も受けとれます♪

| 歴史、鎧、舞 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

画期的なプリッツ



圧倒的に食べやすい(^∇^)b

| 日記 | 16:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ラジオ絵巻】将門記1話(野本付近の合戦)

皆様こんにちは。
Padmaでございます。 

fc2blog_20201027123720458.jpg

本日も閲覧ありがとうございます!

こちらの記事はYoutube赤蓮華絵巻チャンネル
「ラジオ絵巻」の内容を文章にしております。

歴史や神話など古典作品のあらすじとか見どころなど
ゆる~くおしゃべりした後に作品を朗読することで
古典作品にもっと親しんでみようというシリーズです。

本日より「将門記」読んでまいりましょう! 

fc2blog_2020102712322021b.jpg

この作品は平将門さんの
乱の顛末を記したものです。

前回の配信でお話したように、 
将門記は欠損しているため途中から始まります。

前回の動画


将門記の説明や、欠損部分の内容は
前回の動画や【歴史語りシリーズ】の動画にも
まとめておりますので合わせてお楽しみください。




さて、第一話は「野本付近の合戦」です。 

それまでくすぶっていた小さな火が
一気に燃え上がった戦いです。

本には残っていませんが、ここまでで将門は
同じ平家の伯父さんたち三人と土地問題でモメています

さらに、
関東で勢力を伸ばしたい源氏が
伯父さん達と手を組んで(娘を嫁がせて)
将門と対立していたところでした。

さらに、
その源氏と土地問題でもめていた別の平氏、平真樹が
将門に助けを求め、将門が仲介に向かっていました
その道中で起こった戦いが野本の戦いでした。

野本は恐らく地名で、
場所については諸説あるのですが
筑波山の北あたりが有力です。

どうやら将門は話をしに行ったのに
不意打ち攻撃を食らったという話のようです。

ここで待ち伏せしていたのは
源護の三人の息子、扶たちです。

大きな軍記を掲げた源氏の大群をみて
将門は退くことも進むこともできず

うわ、やばいやばい!どうしようっ💦

状態に陥っていたのですが
踏ん張って気合入れて戦いました。

ここで
「順風を得る」という言葉が出てきます。

合戦では風向きとか潮の流れとか
そういう自然を味方にできるかどうかということが
すごく大事な勝利の鍵になっているのをよく見ます。

ここでは将門も追い風に乗って
味方の矢も敵に当たりまくって
勝利をえました。

古典を読むとよく見る表現ですね。

すんごい強い武者がその人の力で勝ち取った
とは書かない。

八幡菩薩の力を借りて、
風や潮の流れ、運を得て勝利し、 
風や潮が変わって敗北する様子
よく書かれています。

そういう人の力を超えたものに
人は影響されて歴史が変わっていくというのが
昔から変わらぬ真理なのでしょう。

fc2blog_202010271235527d2.jpg

そうやって考えると
ここでの将門の勝利にも諸行無常を感じます。 

 話を将門記に戻します。

将門を攻撃した源扶たちは破れました。

そしてこの後には、
この頃の合戦後の習慣?が描かれています。

敗れると、その一族や味方した仲間の
屋敷や村が焼かれます🔥🏠🔥

将門軍による、
容赦ない「滅」が行われています。

負けた者たちが焼かれたり略奪される
地獄のような光景。

火から逃げて来たものに矢を放ち
それに驚いて火の中に戻り、叫びながら死ぬ人。

炎は雷のように響き渡り
煙は空を覆い、
寺院や家も灰になって消え去ります。

戦場で矢に当たった人も
戦場から逃げ帰った人も
予想していなかった人生との別れとなった。

野本付近の合戦はこのようなことが書かれています。

ざっくりまとめると・・

将門は源扶に不意打ちされて苦戦したが
順風に恵まれ勝利し
倒した敵の屋敷も全て焼き払った

このような感じです。

それでは動画で本文の朗読も
お楽しみくださいね。




次回は、
将門のいとこでライバルの貞盛が登場する場面です。 




戦いではなく「柔らかさ」で、
将門との戦いの回避を目指しますが・・

さて、このあと果たして、
どのようになってゆくのでしょうか。

次回もお楽しみに♪
Youtubeでのラジオ絵巻配信をいたします。

よろしければチャンネル登録をよろしくお願いしますね!
★「赤蓮華絵巻 Padmatic】
https://www.youtube.com/user/yumiko732

ベルマークボタンで通知も受けとれます♪

| 歴史、鎧、舞 | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオ絵巻をはじめました★【将門記】0話 失われた冒頭

皆様こんにちは。
Padmaでございます。



じつは、前々から
やってみたいなと思っていたことがあります。

歴史や神話などの古典作品の朗読。 



😊✨


やっちゃおう!!!

 

ということで、


新しいシリーズ

【ラジオ絵巻】

始めました~🏹🏹🏹


いきなり古典朗読をしてしまうと
古い言葉や時代背景、わからないことが多いと
イメージも湧かないのでは?と思いましたので

作品を読む前にちょっとした解説やあらすじ、
見どころなどをお話してから朗読する

っていうスタイルで進めていこうかと考えております。 

これって「赤蓮華絵巻らしい」コーナーじゃない!?

気楽に楽しんでもらえるような時間にしたいな~。
さっそく始めてまいりましょう! 

★★★★★★★★★★★★

 最初に読みたい作品は・・

ちょうど歴史語り動画でも取り上げております
「平将門の乱」を記した「将門記」です!!!



本日は作品を読む前に、

【将門記】ってどんな作品?ということと
物語の背景を簡単にお話しいたします。

 背景は、臣籍降下と将門の乱の動画で
もう少し細かく話しているので 
よかったらこちらもご覧くださいね♪


  



ところで皆さんは、
「将門記」って読んだことありますか?

学生の頃に古典の授業で、
源氏物語とか平家物語とか伊勢物語とか
いろいろ読みましたよね。

将門記、、、読んだことないのではないですか?

私も読んだことありませんでした。
読んでみて初めて知ったことは、

将門記が漢文で書かれていること。

66738398_2258953747545732_6970215460180590592_n.jpg

 漢文って、もののふっぽくないですか? 
【漢!(おとこ)】って感じ(笑

源氏物語などの、ひらがな文学
貴族とか女子とかのイメージで
なんかやわらか~いまろやか~
みたいなイメージがありますよね。

軍記物だと、

漢文のほうがパッと文章観た時に
強そうな?硬派な?
そんな雰囲気が漂いますよね⚔

 ということで、

「漢文で書かれた将門記」の 

書下し文を朗読してまいりますよ~。

ひらがなで書かれた古典とは、
また違う雰囲気の、言葉の響き等も
楽しんでもらえるといいですね~

内容についてですが

「将門記」は、
冒頭が残っていません。

作者も不明で、

恐らく、将門さんと同じ時代に生きた人が
乱の後に書き記したんじゃないかと言われています。

けっこう謎の多い本なのですね。

本文を要約した「抄本」がいくつか残っているので
そちらには冒頭に書かれていただろう内容も残っています。

朗読していくのは残っている部分、
なので途中からのスタートになります。

現存の本文には
恐らく戦いの始まりになった事件から残っています。
そこに至るまでの流れを少し話しておきましょう。

121397226_364441268134494_2678999939896818388_n.jpg

将門さんのおじいさん高望王は、
もともと天皇家の子孫ですが
皇族をやめて関東にやってきました。

そして自分たちで土地を切り開いて耕し、
関東に桓武平氏の土地をひろげました。

その息子たち(将門の父や伯父たち)で
土地を分けていたのですが

将門のお父さんが亡くなると、
伯父さんたちが土地を奪ってきたりして、
親戚内で喧嘩が始まります。

そして、関東には平氏だけではなく
他の氏族や源氏もいるので
土地の縄張り争いはよく起こっていたよう。

さらに、
将門以外の伯父さんたちは
源氏の娘と結婚して親戚関係を結んだりして、
将門だけを仲間外れに。

だんだん関係が悪化してきたところで
「将門記」の最初の記事につながります。

🔥平氏の親戚どうしのもめごと
🔥源氏とのつながり
🔥ほかの氏族豪族との縄張り争い
などの小さい揉め事がいくつもある状態だった

ということを知っておくと、
少しわかりやすいと思います。

そして、都にも権威があって
何か起きると坂東の人たちは、
ちゃんと都に報告したり、許しをえたりと
けっこう朝廷の意向に皆従っている様子も
描かれています。

都では、坂東人のことを
田舎ものとか野蛮などと言って
公家たちが馬鹿にしたり恐れたりしてたようですが

そうじゃない(きちんと礼を尽くしている)ってのは、
こういう記述からも分かるのではないかなと思いました。



そんな感じで、
次回から一話ずつ読んでまいりますが・・・

33話あります Σ(・ω・ノ)ノ!

ちょっと長そう?!だと思うでしょうが
それぞれ一話が短いのでご安心くださいね👍



ところで、

先日久しぶりに東京の将門塚(首塚)と
神田明神に行ってまいりました。



神田明神では
将門煎餅もゲットできました。



将門カフェなんかもあったらいいのになぁ☕

メニューは【祖父セット】と【父セット】

【祖父セット】は
将門コーヒーと高望(たかもち)➡おはぎ

【 父セット】は
将門コーヒーと良持(よしもち)➡大福

これ、どうですか?笑


 ちなみに、将門さんのお父上は
良将(よしまさ)説が有力ですが、
「将門記」では良持(よしもち)なので
お餅にしましょうよ。

118610481_950667328748503_8686595349365835848_n.jpg

なんだか、、、
どうでもいい話になってしまいましたね💦

本日はこのへんで。

次回から将門記の第一話
読んでまいりましょう。

お楽しみに。

Youtubeでのラジオ絵巻配信をいたしますので
よろしければチャンネル登録をよろしくお願いしますね!

★「赤蓮華絵巻 Padmatic】

ベルマークボタンで通知も受けとれます♪

| 歴史、鎧、舞 | 12:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魔界のスイーツを作りまして。



紫に染まったりんご。
ホクホクな紫芋。
甘さ控えめ、日本酒すこし多かったみたいで
大人のスイーツになりました。


これ割と、
好きな芋の食べ方。

| グルメ | 20:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実家のいぬ



たまに実家に泊まると
必ず一緒に寝てくれます😆


布団の中でシーツ掘り掘りした後に
お腹の横あたりにクルッとなって
そのまま寝てしまいます。


たまに暑くなると
でてきて枕の上で寝ています。


私の頭を押しのけて。

| まめお | 12:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【赤蓮華絵巻の歴史語り】平将門①都市伝説や祟りの正体を探ってみた

118610481_950667328748503_8686595349365835848_n.jpg

皆様こんにちは★
赤蓮華絵巻の歴史語り 語り部Padmaです。

本日は大好きな平将門さんについて
お話したいと思います。

121251334_3718710101506766_932292841524116574_n.jpg

まず初めに、

皆さんは平将門について
どのようなイメージを持っていますか?

実は、事前にアンケートをとっておりました。
50名の方に将門さんのイメージを伺ってみたので
結果を見てみましょう★

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

masakadoannke-toime-ji.jpg

このような結果になりました~!

やはり、首塚などの
怨霊や祟りの都市伝説のイメージ
強いみたいですね。

なので、まず今回は!!

平将門の怨霊伝説・都市伝説を考察してみよう

私は、

鬼や妖怪、怨霊には
必ず正体がある!!!

と思うので、
今回は、私なりの考察を交えながら
将門怨霊・都市伝説についてお話します。


 生首の飛翔伝説 

taiheikitomasakadonokousatu.jpg

将門の斬られた首が
京都から関東に飛んだという伝説は
あまりに有名ですね。

実は、
将門の首塚は東京以外にも
なんと10か所ほどあるようです。

恐らく、
さらされた首を見て心を痛めた一族や仲間が
ある夜密かに持ち去って故郷の坂東に
戻る途中に立ち寄った土地なのではないかと思います。


 鎌倉時代・江戸時代の疫病 

kamakuraekibyoudennsetu.jpg
edoekibyoutatari.jpg
様々な時代の疫病流行の時に
将門塚を祀りなおしたそうですが、
これは「祟り神」というよりも、「守り神」として、
人々が将門さんにすがったのだろうと思います。

時代を経てなお、
語り継がれ頼られるカリスマなんでよね。


 大蔵省に祟り? 

ookuratosidennsetudesu.jpg
祟りが続くので、将門塚が立て直された
というのも有名なお話ですよね。

こちらも一つづつ見てみましょう。

●大蔵大臣が病死
塚を壊して3年後のことだそうです。
しかも、この方は直接取り壊しには関わってないそう。

後に、将門さんの人物像なども別の動画でご紹介しますが
将門さんは関係のない人を祟り殺すようなお方ではありません!

●職員が立て続けに怪我・死亡
記録としてはないそうです。

●大蔵省に落雷?
塚の取り壊しから17年後だそうです。
しかも、大蔵省ではなく航空局への落雷なので
こちらも伝説の内容とは違うようですね。

しかし、
将門が新皇宣言をした背景には
雷神道真のお告げもあったようなので
雷に関する伝説があるのは、
なかなか興味深いですよね。

それにしても、
こういった噂によって首塚が再建されるのも
なかなかすごい事例だと思います。


 GHQに祟り? 
ghqtatarides.jpg
祟りを恐れたGHQは、首塚の取り壊しを中止した
というのも有名な都市伝説ですね。

こちらはなんと、半分本当!
ブルドーザーの横転事故は本当のことだそうです。

しかし、
GHQは祟りを恐れておらず、
そのまま工事が続いたそうです。

地元の方々(将門塚の保存会)が何度も
壊さないでくれとGHQに訴えたところ
その願いが聞き入れられて
取り壊しが中止になったそうです。

将門さんを慕う人たちの思いがわかるエピソードですね。


 まとめ 

いくつか都市伝説をあげてみましたが
こうしてみると、、

将門さんが
怪奇現象を起こしたり
直接祟りを起こしたり
してないですよね!?

では、祟りってなんなんでしょうね。

118610481_950667328748503_8686595349365835848_n.jpg

私は、
それは「民のおもい」なのではないか
と思います。

将門さんは
関東の人たちの土地と暮らしを
守ろうとした人だと思います。

ですので、
様々な時代において、
人々の暮らしや信仰や自由や権利が失われそうになった時
自分たちの怒りや不安、不満を
将門さんに重ねて訴えることで祟りが生まれるのかなと
私は考えました。

将門さんはこうやってずっと
民の思いを背負ってきたのでしょうね。

いまでも将門さんは
関東の人たちの英雄として慕われています。

鬼や怨霊伝説って、
二面性があることが多々あります。

一方では怖い怨霊、化け物、悪者のように描かれ
一方では救い主や守り神、悲劇の英雄として描かれ

どっちかだけでは本当の姿はわからないのでしょうね。

今回のお話もYoutube動画にまとめておりますので
こちらもぜひ見てくださいね!!



鬼の正体考察の動画もありますので
こちらも合わせてお楽しみください♪



さて次は、
将門さんの歴史的なお話をようと思います。

なんで乱を起こすことになったのか
意外と知られていないと思います。

121251334_3718710101506766_932292841524116574_n.jpg

実は、
家族でもめてたら
いつの間にか乱をおこしちゃってた?
みたいなお話なのです。

将門の乱のお話は2回に分けて
Youtube動画でもアップいたしますので
お楽しみに!!!

| 歴史、鎧、舞 | 00:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年も腹巻のまま踊る季節がやってきました

122550386_3334728803301549_1062653699245473447_o.jpg

お腹冷えるので
毎日腹巻です。

この季節になると
レッスンも腹巻で。

(あ、さすがにお腹の動きを
見せる時には出しますけど)

レッスンも配信も腹巻です。

【お洒落は我慢】

とは言いますけど、
お洒落より内臓の方が大事なので
やっぱり冷やさないようにしたいです。

なので、
生徒さん達も、冬は無理せず!!
お腹出すの寒い!ウエア寒い!
って思ったら暖かい格好で!

ちなみに
スポーツクラブでは腹だししてますが
レッスン前に冷えるので
移動中は必ず上着を羽織っております。

冷えないように過ごしましょう★


| ダンスレッスン日記 | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜中に武装しています。

122044671_3329538447153918_3129749805860665638_o.jpg

自作の大鎧。

出来上がってからは、たまに
自分で着て動いてみております★

ダンスの衣装もそうですが
衣装や装束をきて何かをする人は
やはり自分で装備できないと!

というのが私のポリシーです。

装備する練習って大事だと思うのです。
(ダンス衣装も着る練習がとても大事だと思う)

ってことで、
ちょこちょこ装備動画もアップしています。

鎧も馴染んできたし、
着る手順も慣れてきてスムーズになってきたかな!

よろしければ装備動画見てね!



チャンネル登録もよろしくお願いします★

| 歴史、鎧、舞 | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

進んでいます!兜製作♪

121645323_3321544174620012_7055116269355144313_o.jpg

途中でミスって💦
やり直しなどすることもありましたが、
だいぶ進みましたよ!

かなり兜っぽくなってきましたね~!

まだまだ作業は続きます。

今年中にできあがるかなぁ??

| 歴史、鎧、舞 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

30分に苦戦中



担当しているフィットネスクラブでは
レッスン時間が短くなって60分から30分に。


いまこの状況で、縮小しても
レッスンが続けられるのは
本当にありがたいです😭


なので、
出来る限り!!
今後にもつながるように
30分枠でも楽しんでもらえるレッスンが
できるように試行錯誤しております。


もともと60分だったレッスン。
特にダンスは短時間のレッスンだと
振り付けを踊るところまで
なかなかできず💦
人数制限もあるので
毎週みんなが参加できず💦


続きものを踊るには厳しい状況です。


まだまだ、みんなに満足してもらえる30分に
出来てないのかなと感じるのですが
何かいい方法があるかと思うので
色々やってみようと思います。


ダンスインストラクター12年くらいやって
慣れてきたかな?と思いましたが
まだまだでしたね!!


迷いの道はまだまだ続く。
本筋は見失わないようにしよう👍

| ダンスレッスン日記 | 10:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【赤蓮華絵巻の歴史語り】臣籍降下について

118610481_950667328748503_8686595349365835848_n.jpg


皆様こんにちは。Padmaです。

本日は関東の英雄にして最恐の怨霊

「平将門」!


121251334_3718710101506766_932292841524116574_n.jpg


の話ししようと思ったのですが、


そもそも平氏や源氏ってなに?

どうして関東に平氏がいたの?


これを知っておくと

より平将門の乱も理解しやすくなるので


今回は「臣籍降下」について

簡単に説明してみたいと思います


■平氏と源氏のルーツ■


118610481_950667328748503_8686595349365835848_n.jpg


皆さんは桓武平氏や清和源氏という言葉を

聞いたことがありますか?


この桓武や清和というのは、

「桓武天皇」と「清和天皇」のことで

平氏と源氏は天皇家に繋がりを持っている

ということを表しています。


もとは皇族だった人たちが、

その身分を離れて臣下の籍に下ること

これを臣籍降下と言います。

現代は「皇籍離脱」とも言うそうです。


天皇や皇太子ではない者や、

その孫たちは皇族ではなくなり、

それぞれ貴族や武家になります。


この時に与えられた「姓」が

「平」や「源」です。


●平-たいら

→桓武天皇が遷都した「平安京」の「平-へい」

●源-みなもと

→天皇家と源流は同じという意味の「源-みなもと」


121403993_741395546592129_4888686728827094626_n.jpg


桓武天皇の子供はなんと58人。(諸説あり)

朝廷ではこんなに大勢を養えないので、

この後に経費削減のための臣籍降下システム作動で

誕生したのが平氏でした。

平将門や平清盛はここにつながります。


清和天皇も36人の子供がいて(諸説あり)

同じく臣籍降下システムによって

清和源氏が誕生しました。


源氏は他にも

嵯峨天皇から「嵯峨源氏」

宇多天皇から「宇田源氏」

村上天皇から「村上源氏」

も誕生しています。


■天皇の子だくさんの理由■


118610481_950667328748503_8686595349365835848_n.jpg


ではどうして、天皇たちはこんなに

子だくさんなのでしょうか?

それは恐らく、跡継ぎを確実に残すため。


桓武天皇の即位する以前、奈良時代まで、

たびたび女性天皇が即位することがありました。


女性天皇は、

前の天皇に男子が生まれなかった時、

次の天皇が決まるまでの中継ぎや

政治的な対立や不安定を緩衝する中継ぎのためなど

主に跡継ぎ問題が起こっている時に即位しました。


33代、飛鳥時代の推古天皇から

48代、奈良時代の称徳天皇まで

ほぼ2代おき、8名の女性天皇が即位しています。


称徳天皇のときには「道鏡事件」も起こり

天皇家の血脈が途絶える危機に直面したことで

跡継ぎの男子を確実に残すために

多くの子供を作っていくことに

なったのではないかと思います。


実際、この後に跡継問題は度々起こりますが

江戸時代まで女性天皇が即位する事は

ありませんでしたので男子がいない問題は

解消されたのかもしれません。


■臣籍降下した平氏と源氏の祖■


121397226_364441268134494_2678999939896818388_n.jpg


桓武天皇のひ孫「高望王」はこうして

臣籍降下で天皇家から離れ

「平高望(たいらのたかもち)」となり

国の一役人として3人の息子と共に

関東にやってきました。


そして関東で土地を開発したり、

地元の豪族たちと結びつきを固め、

勢力を拡大していきました。


121397226_364441268134494_2678999939896818388_n.jpg


この平高望が桓武平氏の祖であり、

平将門のおじいさんであります。


そんなわけで、

もと皇族の血を引く平氏が

関東にいたのですね。


■余談ですが、、、■


121251334_3718710101506766_932292841524116574_n.jpg


のちに、将門は

臣籍降下して武蔵の国司になっていた

源経基(もとは経基王)と対立しています。


121180298_646448832729145_5248881480904291185_n.jpg


この経基は裏で汚い画策をしたり

略奪したりしていた上に、

喧嘩の仲裁に来た将門にビビッて逃げて、

朝廷に将門謀反のデマ情報を流して

将門の乱のきっかけを作った一人として

ちょっと情けないイメージが

残っている方なのですが、、、


121180298_646448832729145_5248881480904291185_n.jpg


将門討伐側にいたので

「清和源氏の祖」として

のちに勢力を伸ばしました。


ここから鬼退治で有名な頼光、

八幡太郎義家、

鎌倉幕府の頼朝と

勇ましい武士につながっているというのが

何とも言えないですね。


経基さんの情けない逸話だけでなく

勇ましい、カッコいいお話があれば

またご紹介したいものですね!


■おまけクイズ■


平安時代以降に奮った「源平藤橘」四氏族は

後に多くの歴史上の人物や戦国大名たちに

つながっていきます。


では問題です。


次にあげいてく歴史の有名人は

源氏、平氏、藤原氏、橘氏

どの氏族につながっているでしょうか


1:足利義満

2:武田信玄

3:伊達政宗

4:北条政子

5:楠木正成

6:井伊直弼

7:黒田官兵衛

8:明智光秀

9:上杉謙信

10:渡辺綱


答えはこちらの動画をチェック!




みなさん、何問正解できましたか?


118610481_950667328748503_8686595349365835848_n.jpg


歴史を大きく動かしていた人たちのルーツを家系図から探ると

大本が同じだったり

大昔からの因縁があったり、

そこから想像することも面白いですよね。


ぜひ皆様も家系図をじっくり眺めてみてくださいね。


| 歴史、鎧、舞 | 13:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おどすのたのしい



兜のシコロ(後頭部や後ろ首周りを覆う部分)を
威しております。
楽しすぎる作業!!
早く完成させてかぶりたーい!!!!

| 民族文化紹介 | 16:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シルクロードカフェ【ラクダTV】出演動画が公開されました★見てね~!!

出演してまいりました!
そして動画が公開されました!


ご来場下さった皆様、 動画見てくださった皆様、 シルクロードカフェの皆様、 ありがとうございました😊✨✨✨ もし!!よろしければ! お大名の皆様は大判小判を! 銭形平次の皆様は小銭を!!
投げ銭はこちらから お店とダンサーの応援に、 投げつけていただけましたら幸いです😆✨ 今後ともよろしくお願いいたします^_^

| ダンス動画 | 20:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の赤



ヒガンバナの形って
とても不思議ですよね。


綺麗で華やかだけど
毒々しさや異形感があって
とても好き😊

| 日記 | 00:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |