オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、アクセサリー制作など、つれづれなるままに・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やっと、、2018年石見神楽東京公演のレビュー!

大蛇

なんやかんやでやっとレビュー。
今年もよかったですね~!
演目ごとに感想をひとこと。

【昼の部】

◆儀式舞 四剣
初めて見る演目でした。
必ず最初に儀式舞があるのですが、儀式舞もたくさんあるので、
毎回違った儀式舞を見せてくれるのが素敵♪
「四剣」は四人の舞手が剣舞で神を呼ぶ演目で、
武者の戦いの剣舞とは違った神聖な形式を感じる演舞でした。

◆五条橋
牛若丸と弁慶の五条橋での戦いの場面。
牛若丸くんは中学生のころから見ているので
演技も演舞も上達して役者として成長しているのを
見守っております!もう立派な若武者ですね。
かなり激しい剣舞と、大量に降り続ける桜吹雪。
絵柄的にもとっても幻想的で素敵。

◆大蛇
毎年見ていますが、演出がいつも違うので
毎年毎年楽しませていただいています!
今年はものすごく大蛇の動きがキレていて
さらにイキイキとかわいらしく
そしてダイナミックな8体の大蛇に会場が沸きました!
お客さんも巻き込んで、舞台での公演ですが、
地元の雰囲気もちょっと味わえて面白かったです。

◆恵比寿
今年は亀山社中さんが恵比寿も演じました。
(昨年まではゲストの東京社中さんでした)
恵比寿の楽しい舞と、大量にばらまかれたお菓子に
ものすごく会場が沸いていました。
二階席にも届く恵比寿さんのお菓子投げも驚きでした!
そして、そんな盛り上がりで見落としがちですが、
舞手さんの舞、めちゃくちゃ美しかったです。

◆五神
初めての演目!これは地元でもあまり見る機会がないそうです。
じつは、あんまり期待していなかったのですが、
みごとに期待を裏切られました!!!!!これ大好き!
ざっくりいうと、神さまの兄弟喧嘩の大戦争で、
最後にお父さん神さまがうまいこと納めて
五人の兄弟神に1年を均等に分割して納めさせる話です。
(四季に土用がプラスされた経緯)
素敵な口上合戦、
お笑いトーク、
六人での激しい剣舞
全ての要素を詰め込んだような演目でした!!
そして六人が激しく戦う舞の場面!!!!!!
めちゃくちゃカッコいい演目でした。また見たい!

【夜の部】

◆儀式舞 鈴神楽
夜の部は毎年演じられる鈴神楽。
これは一番神楽らしい舞です。
鈴をもって一人舞うのは、他の演目に比べると
一見地味なように思いますが、
小川さんの舞は異世界のような空間を生み出している
そんな雰囲気があるので不思議です。
これはきっと熟練の方が舞う演目なのですね!

◆道返し(ちがえし)
初めて見る演目でした。
タケミカヅチと大魔王の戦いです!!
悪鬼を殺さずに「許す」ことで、
最後に鬼の面を外して「人」の顔になるのが見どころですね。
(東夷としては、従わないやつは「鬼」というのがむむむなのですが)
若手の方の演舞でしたので、
今後もどんどんレベルアップしていく予感です!

◆大蛇
スサノオがヤマタノオロチを倒して、雨の村雲の剣を手に入れるお話。
昼の部に続き夜の部も盛り上がりました!!
毎度、ちょっとしたアクシデントにアドリブで対応する演者の皆さん。
お役さんも違えば場の空気も違いますしね。
それが舞台の面白さです。
昼も夜も演出の大筋は同じですが、どちらも面白くなっていました♪

◆日本武尊
ヤマトタケルの東征の一節「焼津」のお話です。
駿河の蝦夷兄弟がタケルを焼き払おうと野に放火して
タケルが剣で草を刈り火打石で迎え火をつけて難を逃れるお話。
この剣、前の演目「大蛇」の尻尾からでてきた剣で、
スサノオの子孫のタケルがこれを使っているという
神話や歴史を知っていると「お!!」となる演出。
このお話から、雨の村雲の剣は「草なぎの剣」になります。

◆八衢
ににぎが大和を征服(神話では国譲りといいますね)しに来た時に
出迎えた猿田彦が矛をもらってまつられるゆえんになる話。
ちゃんばらではなく、優雅な舞の神楽っぽい神楽でした。
綺麗なウズメの舞は牛若丸を舞ったカイ君。
姫舞もとっても上手で驚きでした!

◆頼政
毎年楽しみにしている演目!!!
源頼政と猪早太VS鵺の超絶演舞!!
とにかく速くて激しくて派手でキレてます。
この演舞のレベルの高さは見た人がみな実感したことでしょう!
舞台全体を使った演出も豪華で、最高にカッコいい演目ですね。
ところで、源頼政って歴史の教科書ではほとんど出てきませんが
実はめちゃくちゃ重要人物なのです。
保元・平治の乱のどちらも勝利側にいましたが
平氏に反旗を翻し、以仁王に進言して源平合戦のきっかけを作った人です。
最後は以仁王とともに平家に打たれますが、
そこから大きく時代が動いていくんですよね。熱いですね。
このお話はまた改めてしたいところですね。

ということで、
余計なお話もしてしまった気がしますが
今年も楽しい石見神楽東京公演でした。
毎年見ていると見方もわかってきますし、
楽しみ方もわかってきますし、
見る側もレベルアップしてるきがします★

来年も6月に北千住での公演が決定していますので
楽しみです♪
石見神楽鑑賞仲間も大募集です。


スポンサーサイト

| 民族文化紹介 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2018年石見神楽東京公演のレビュー・・の前に石見神楽と亀山社中のこと

東京公演第一回目から全部見ている石見神楽マニアな私です♪
ファン歴はまだ浅いですが、大好きすぎて結構詳しくなりました♪
今年もばっちり見てきました!楽しかった~♪

(石見神楽を初めて見たときの記事はこちらです)

石見神楽は、島根県の西半分、石見地方の芸能です。
東側は出雲なだけあって、この辺りは神話の国です。
関東に住んでいる私よりも、神話を身近に感じながら育った人たち
ならではの芸能なのです。

30708134_1966909526684419_2178532355929629333_n.jpg
(石見神楽応援団 首都圏さんから拝借)

演じられるお話は、古事記の神話や
地元の神様、歴史の人物の物語などです。

いちばん有名な演目は「大蛇」(おろち)ですかねぇ。
高天原から追い出されたスサノオノミコトが
出雲で暴れていたヤマタノオロチを退治するお話です。

本当に大蛇が出てきてダイナミックに暴れまわります!
そして、、、、
なんかすごくかわいいんですよね。
見ているうちに、みんなオロチの虜です。

オロチ石見神楽 

大蛇の胴体は石見地方の伝統的な「石州和紙」でできています。
かなり暴れまわるので、数年でぼろぼろになってしまうのだとか。

そしてまた新しく作ることで、
和紙職人さんの技が継承されていくのでしょうね!
素晴らしい!

ちなみに、役目を終えた邪胴は
紙袋やブックカバーなど、リサイクル大蛇グッズとして
毎年東京公演でも販売されています。
(私はブックカバーを使っています♪)

蛇頭や面もみな和紙です。
鬼の面なども迫力があって素晴らしい芸術作品です。
衣装も豪華絢爛で、演目ごとに様々な衣装を楽しめます。
面や衣装を見るのも楽しみの一つなのです。

たくさんある社中がそれぞれ衣装や面をもっているそうで
同じ話でも演出や衣装に個性があるので
いろんな社中を見てみるのも面白いですね!
(私はまだ5つの社中しかみてませんがいつか!)

さて、今年の東京公演も大人気の亀山社中さん!
島根県石見でたくさん有る社中のなかでも
トップクラスのパフォーマンスを誇るみなさんが
はるばる浜田から来てくれました!

亀山社中の演舞を東京で見られるなんて、
本当に幸せです✨

iwamikagura 石見神楽 小川さん 

現在、亀山社中をまとめている小川徹さん!
穏やかな方ですが、口上や歌、武者の舞の迫力と重み、
やっぱりこの方がいると舞台が締まります。

石見神楽 

中堅のみなさんの舞とお囃子は
まさに武将!!!みたいなかっこよさがあります。
花形で活躍されているのはちょうど同世代の皆さんで
やっぱり30年以上積んできた芸の厚さと
培われた身体能力が爆発しております。

石見神楽 

私的には、
鬼や魔物などの敵役がもっとも重要!
たいてい重い衣装と大きな面をつけたまま
激しく荒々しく動き回ったり、
凄みのある口上を言ったりと
かなりの体力と技術を要する役どころです!

悪役が素晴らしいと、
演目事態がぐっと良くなりますよね!
敵役万歳!!!!
今年も一押しの鵺様は素晴らしい暴れっぷりでした!

石見神楽の素敵なところは、
どんどん若手が育っていることで、
子供ちゃんも多く神楽をやっています。
小さな子が上手に太鼓を鳴らしていたり
長い口上を堂々と言っていたり、
重心の低い舞を踊っていたり、
驚くほどの芸能力を見ることができます。

今年も若手の皆さんの成長を見れまして、
毎年みていると親のような気持になりますね。
そんな成長を見られるのも石見神楽の魅力です。

今年の鑑賞した感想を残しておこうと思って書き始めましたが
長くなっちゃったので、レビューはまた次の記事で!

| 民族文化紹介 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Pダンススクール大人の校外学習♪石見神楽を鑑賞する会!

 石見神楽

今年も石見神楽東京公演!!
ばっちり2回見てきました~!
毎年見ていますが、やっぱりいいわぁ~大好きです!

恒例の鵺様との記念撮影です♪
(毎年このポーズ!)

今年も精鋭集団「亀山社中」のみなさんが
島根からはるばる東京(北千住!)に降臨!

新しい演目も、毎年見ている演目も
どれも素晴らしく楽しくかっこよく最高でした。

(演目レビューなど、後日がっつり書きたい!)

石見神楽

今年も、昼の部・夜の部ともに
大勢の仲間が一緒に鑑賞してくれました♪

夜の部はPadmaダンススクールの生徒ちゃんたちも
多く誘いに乗ってくれて楽しい校外学習になりました!
(この後の打ち上げ?も楽しかったですね♪)

生徒ちゃんたちの間では
かっこいい剣舞や口上と男前な容姿の
頼政さんが大人気だったようです✨

私の大好きな石見神楽に興味を持ってくれて
また来年も行きたい!と言ってもらえるのは嬉しい♪

また来年もみんなで鑑賞しましょ!
いつか石見神楽の旅にも行きたいですね~!

大蛇

今年は白い大蛇君が仲間入りしました♪
毎年一人ずつ増えます(笑

いつも楽屋にお邪魔させていただいてますが、
今年は石見神楽マニアな方が何人か一緒で
激熱なマニアな方とお知り合いになれたのも
嬉しく刺激的でした!!!!!

またこれからも楽しくなりそうです♪

| 民族文化紹介 | 12:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

武術からの月桃


数ヶ月ぶりに武術稽古に行って来ました!
だいぶ全身がヘロヘロになったので
久しぶりに湯船に浸かりました(*´꒳`*)

年末に、芸人仲間にいただいたお土産の
風呂用の月桃ポプリで癒されました〜♪

月桃って知ってます??

これは奄美のお土産ですが
私の母の故郷沖縄ではおなじみの植物です。

使用イメージはヨモギのような感じです。
形は笹のように縦長の葉っぱで、
笹よりも少し大きくて硬い感じがします。

化粧水やアロマなどにも使われていたりするので、知ってる人は多いかもしれませんね。

沖縄では、
黒糖餅や草餅などを月桃の葉っぱに包んだ
カーサームーチという食べ物があります。
これは、よく親戚からも送られて来てたので
私もよく食べていました。
月桃の香りがついて、とっても美味しいです。

親戚のおばちゃんは、
虫除け、ゴキブリ避けにもなるんだよと言ってました。

そんな素敵な南国のハーブ月桃。
もう一個、この入浴ポプリあるから
また疲れた時に使おうっと♪

| 民族文化紹介 | 01:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月読の白拍子Live

22196514_1423972084377240_3970858138047303854_n.jpg 

白拍子の桜井先生のライブに行ってきました♪
中秋の名月をお祝いする月読白拍子liveということで

月に関連する歌などに、龍笛、歌舞をつけて1人で見せる芸能!
かっこいい!!!!


一言で白拍子とは言っても、能や舞楽、民族舞踊?、

声明なども入っているように感じ、

変化やバリエーションがたくさんあり面白かったです!

22308779_1423972044377244_1805086365022259189_n.jpg

個人的には、万葉集から選んだ三曲の月の歌に、

先生が歌と舞をつけたメドレーにグッときました!
三曲目の柿本人麻呂の歌での舞は、魔界というか、

宇宙というか、陰陽師みたいでした!!!


白拍子ってカッコいいわぁー!

お稽古で習っている曲も数曲、先生の歌舞を見れて、

改めてやる気満々になりました!
練習がんばろ!

22228642_1423972127710569_2109229760333477895_n.jpg 


会場は門前仲町の元鉄工所をリノベーションした
雰囲気の良い素敵なアートスペースで、
ついていたお茶とおはぎも美味しかった♪

| 民族文化紹介 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石見神楽 2017東京公演DVD♪

20621043_1366113166829799_3123994770176092639_n.jpg 20622040_1366151726825943_2514069296972229272_n.jpg

今年の春に見た舞台のDVDが届きました♪
石見神楽 2017東京公演(亀山社中)

昼の部、夜の部どちらも鑑賞しましたが、
DVDも両方注文しちゃった♪
(去年のも昼、夜あります♪)

今年は3回目の公演でした。
第一回目に見てからすっかりFanです。
そして、毎年一緒に鑑賞する仲間も増えて
周りにも石見神楽ファンが増えてうれしい♪

同じ演目もありますが、
毎年少しずつグレードアップしていたり
舞手が変わったりして
何度見ても楽しいものです。
そして毎度毎度、心が沸きます!!!

今年のDVDが来たからには
毎晩のように鑑賞して(テレビがないのでパソコンで)
歌と口上を覚えたいです(笑

石見神楽大好き♪

| 民族文化紹介 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昔話から見えてくること

石見神楽 恵比寿

昔話、神話、民話、わらべ歌、民謡、
民間に伝わってきたものって
歴史の表舞台には見えてない
本当の人々の思いや歴史が透けて見えるから
とっても面白いんです。

書いてあることそのままよんでも面白いけど
そこに隠れている真意を推理したり
追究することが私にとってのアートです。

| 民族文化紹介 | 01:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月はたくさん吸収しました♪

石見神楽猪早太さん

Liveや歌舞伎、舞台などなど
4月はたくさん吸収しました!!

観劇貧乏とは私のことです笑

刺激いっぱいあった!!

とくに、毎年楽しみにしている石見神楽!!
島根県石見でも人気のある亀山社中さんが
東京に来てくれるんです。

本当に見ごたえのある舞台。

毎年、演出や演技も進化していて感動★
鑑賞仲間も徐々に増えて、
それもうれしい♪

来年も4月に来てくれるそう!!
あ~楽しみ!!

後日、レビューも書きたいなぁ。

写真は、大好きな演目「頼政」の猪早太さんと♪
私の大好きな大好きな鵺(化け物)と戦う矢の名手です。

色んな刺激をいただいたので
レッスンの振りつけや自分の作品作りにも
気合がはいりましたよ~!!
5月も頑張っていくよ!!!!!

| 民族文化紹介 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月イチ シネマ歌舞伎「阿古屋」を見てきました。

16176918_1169996279774823_1792175792_n.jpg

今月は坂東玉三郎さんの「阿古屋(あこや)」

毎月、歌舞伎の舞台映像を2100円で鑑賞できるのがシネマ歌舞伎です。
過去の人気演目や、今は亡き名役者さん達の演技を見れるし、
いつも三階席から鑑賞している庶民としては、
アップで役者さんの表情や体の動き、衣装の細部が見えることと
正面からの舞台風景、花道での演技が見えること
なかなかありがたい物なのです。

そりゃ生の舞台のほうがいいですけど、
シネマはシネマで、別の楽しみがあって素晴らしい★

今月の「阿古屋」も大変すばらしい内容でした。

現在は玉三郎さんしかできない演目なのだそうです。
お話の中で、玉三郎さんはなんと、
謡いながら、琴、三味線、胡弓を演奏するんです!

すごすぎます。。。

しかも、怖い武士たちの前に引きずり出され、
恋人や、お腹の子供の命が危険にさらされている
という緊迫した状況という場面。
その演技をしながらの演奏。

すごいとしか言えません。
演奏の時も表情や体の動きの細かいところまで
やはりすばらしくて目を離せないです。

衣装もすごい。
帯のクジャクは、羽が一枚一枚ぴらぴらとしていました。
桜も。
髪飾りも、衣装の着こなしも素敵です。

衣装は江戸時代のころっぽいですが
お話の内容は平安末期から鎌倉時代なので
実際はこのような花魁風ではなく、
きっと静御前のような白拍子だったのでは?と思います。

阿古屋は、
壇ノ浦の合戦後に逃げた平家の武士の恋人の遊女です。
武士の行方を教えろと、役人の拷問をうけます。

このころの遊女は、江戸の遊郭の遊女とはちがい
遊芸の民、巫女、白拍子のような芸人でもあったはず。

義経の勧進帳の話と同じころで、
鎌倉幕府をひらいた頼朝が
平家の落ち武者や、義経たちをとらえるために
全国に守護地頭をおいて取り締まらせていた
そのお話のうちの一つなのかなと思いました。

静御前も、源義経と吉野山で別れた後に
頼朝に捕らえられて、目の前で舞を舞わされましたが
阿古屋もこれと同じ状況なのでしょう。

静御前は、
「吉野山で別れて行ってしまった義経が恋しい」と歌い
頼朝や鎌倉武士たちの怒りをかうが、
頼朝の妻の北条正子の同情によって許されます。
ただ、お腹の子は男の子であったので、殺されてしまいました。

阿古屋は、
琴、三味線、胡弓を弾き謡い、平影清の行方は知らないと訴えると
守護の役人は、阿古屋の乱れのない演奏から嘘のないことを感じ、
釈放しました。

武士の恋人はみなさんやはり肝が据わっている。

きっと、こういうお話がまだまだたくさんあるんでしょうね。
自分がこの状況になったら、どうだろう・・とか考えますね。
どうだろう、きっと、あっさりしゃべって後悔する、
そういうことになりそうです(-_-;)

歴史や物語から
自分の生き方生き様、ちゃんと筋が通っているのかと
問われると、改めてちゃんとしないとなって反省します。

| 民族文化紹介 | 11:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歌舞伎ってすばらしい

今回もまた、デリちゃんに誘っていただき!
歌舞伎見てきました♪

15419733_1131050367002748_7692636455943445387_o.jpg

大好きな勘九郎さん♪
妖艶で最高に美しい玉三郎さん♪
若々しい娘みたいな七之助さん♪

今回はお芝居ではなく
舞の舞台でしたので、
役者さんたちのすばらしい舞をたっぷり堪能できました。

歌舞伎観覧も
回を重ねるごとに
ますます面白くなってきます。

鑑賞する人も芸術家

本当にそうですね。
鑑賞を重ねることで
私の感性やその芸能に関する興味や知識も
きっと磨かれているんだろうと思います。

この世界に出会えたのも
デリちゃんのおかげ♪

| 民族文化紹介 | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT