FC2ブログ

オリエンタル リズム - Oriental Rhythm -

オリエンタルコンテンポラリーダンス、レッスン、旅行記、アクセサリー制作など、つれづれなるままに・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

北千住のジャズバーで美味しいカレーランチ♪


バードランド(^O^)✨
北千住の好きなお店の一つです!!
素敵なジャズバーに
昼はランチやカフェでお気軽に入れるんですよ♪
マスター自家製の牛すじカレーのランチがとっても素晴らしい✨
牛すじはトロトロに煮込まれていて
季節の野菜がたっぷり✌️😸
オクラやズッキーニ、ヒヨコマメなど、女子が好きな野菜が色とりどりに散りばめられて目にも楽しい😋
ランチの時間のラスト客だったようで、たーーっぷりとよそってくれましたが、
美味しくてぺろっといけちゃいました😊✨

隣り合わせた常連さんがオススメしていたので、食後のデザートのコーヒーゼリーも食べてみました♪
淹れたてのコーヒーを使ったゼリー😄☕️
こだわりの逸品です!
ほろ苦なので、男性にも人気があるみたいです。
美味しかったー!!
いつも心地よいレコードがかかっていて、
照明の感じとかお店の雰囲気も落ち着いていて、いいんですよねー🍀
北千住のランチは、バードランドがオススメですよ!
(駅近ですし!!)
birdland
東京都足立区千住1-31-8
スポンサーサイト

| 旅・街 | 03:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初夏の葛飾のいいところ!


週一での朝稽古始めました。
稽古のあとに菖蒲園へ。
ここに住んで一年半。
実はあまり地元のことを知らなかった💦
地元の菖蒲園で菖蒲祭りしていたので、自転車もあることだし!!と足を伸ばしてみました。
菖蒲は色とりどりですっごく綺麗だし
葛飾区の人たちのあたたかみにも触れ
改めてこの土地に住んでいるこのご縁に感謝✨
もっと地元のことも知りたくなりました!!

| 旅・街 | 13:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モンゴル合宿いってきました~♪

那須のモンゴリアビレッジテンゲルに行ってきました★

モンゴリアビレッジテンゲル

前々から、
スクールメンバー(主にデリちゃん&カオリン)が
行きたい!と言っていたので、
私を含め4名のメンバーでの初合宿になりました!

王子駅からバスで♪
楽ちん~♪

モンゴル合宿 モンゴリアビレッジテンゲル

ゲルってもっとキャンプっぽいのかと思ったら
かなりしっかりしてて、インテリアも可愛くて
快適で、住みたいお部屋でした✨

私の部屋より広いし!!

女子会プランが何ともお得でした♪

モンゴル衣装体験は半額♪
みんなで着替えて撮影大会!

モンゴル合宿 モンゴリアビレッジテンゲル 

みんな好きな色を選んで~♪
帯はスタッフさんが締めてくれるので安心。

モンゴル合宿 モンゴリアビレッジテンゲル

ゲルの風景と民族衣装。
テンション上がりますよね!!!

 モンゴル合宿 モンゴリアビレッジテンゲル

男性用の衣装とか、
モンゴル相撲の衣装もあって気になりました💦

 モンゴル合宿 モンゴリアビレッジテンゲル 

とりあえずテンション上がって
みんなで想像上のモンゴルを表現して
動画も撮影しました~★
インスタにアップしてます♪)

楽しかった♪

ワイワイした後は夕食!!!
室内バーベキューです♪
モンゴル合宿 モンゴリアビレッジテンゲル

お肉とか野菜とかアヒージョとか前菜もおいしかったです♪
アイスは6種類食べ放題~♪嬉しいです♪

 モンゴル合宿 モンゴリアビレッジテンゲル 

女子会プランはワンドリンクもついていました。
私はオリジナルカクテル「テンゲル」にしてみました✨
鮮やかな水色~✨

食事もちょうどいい量でよかったです。

食後は温泉露天風呂でさっぱり✨
アメニティもちゃんとついていたので、
ほとんど手ぶら♪
最高です♨

モンゴル合宿 モンゴリアビレッジテンゲル 

そして馬頭琴演奏も♪
モンゴルの国立楽団で弾いていた奏者さんの演奏は
めちゃくちゃすごかった!!!

ウマとか風とか砂漠とか・・・
モンゴルの風景を見せてくれました。
感動しました。また聞きたいな~♪
(CDゲットしました)

モンゴル合宿 モンゴリアビレッジテンゲル

そして夜はゲルで
お酒とおやつで楽しく語らいました♪
寝るまで笑いっぱなしでした😊

二日目はさわやかにお目覚め✨

朝食のバイキングはいろいろと気遣いがされていたり
アイディアも豊富で楽しかったです♪
羊肉も出ていたのでモンゴル気分♪

美味しくて食べすぎました。

ゆっくりチェックアウトして、
道の駅まで送っていただき、
バスまでの3時間を道の駅で過ごしました。

モンゴル合宿 モンゴリアビレッジテンゲル

地元のお母さんたちが作っている蒸しパンやおにぎり、
苺ゼリーを緑の中で食べたり、

モンゴル合宿 モンゴリアビレッジテンゲル

岩の舞台で勝手に踊ったり、

ハンドメイド市で作家さんの作品を楽しんだり
民芸品売り場でスパークしたり
(民芸品最高!)

なんだかんだで
3時間あっという間で
本当に楽しい時間でした✨

帰りのバスも楽しく、
次のダンスのイメージとか相談しながら
王子まで戻ってきました。

楽しかったので、来年も行きます!!
メンバー増えたら大きいゲルに泊まりたいですねぇ!

企画してくれたデリちゃん、
一緒に楽しんでくれたマキさんとカオリン、
ありがとう✨

| 旅・街 | 17:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

藤は友達

 

今年は桜が早かったけど藤も早い気がします。
各所で藤が咲いてるのを見かけます✨ 

紫の花は豪華だけど
とっても上品な雰囲気がありますね~~(^^) 

藤は花も素敵ですが、
あのエネルギッシュにうねる木の幹の造形や
宙を這うように伸びる枝(蔓?)もカッコいいから好きです。

実家にも藤棚あるのですが、
昔は藤棚の支え棒を鉄棒にして、
ものすごく鉄棒の練習をしてグルグル回転してました。
その度にユサユサと藤をゆらしてました。

いま思うと、
なんというひどい負担をかけていたのだろう?!
って思います。

かなり元気に練習する方でしたので、
すごく揺れてただろうなぁー。
回転するたびに、葉っぱがワサワサとなる感じ、
今でも覚えています。

あんなに負担をかけてましたが、
いまでも藤棚はあります。
ちょうど満開ですかねー。

この時期になると、いろんな蜂が集まって来て、
その攻防も面白いのです。

自然は偉大だなぁ。

たまたま通りかかった夜の公園で
静かに藤が咲い満開になっていたので、
実家の藤を思い出しました。

一緒に遊んでくれた藤、長生きしてねー(^ ^)

| 旅・街 | 09:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蓮華の季節

moblog_295113be.jpg

上野 不忍池

元気に伸びて大きな蕾がいっぱいでした!
もう少ししたら満開になるかなー?!


| 旅・街 | 11:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みちのくガチャ♪ナマハゲがほしい!!!!!!!!!

みちのくガチャ第二弾!
上野駅で発見してしまいました!
20031875_1340557016052081_3828509543392543674_n.jpg

東北大好き人間としては見過ごせません。
(東北には縁もゆかりもありませんけど・・大好きなんです!)

19884413_1340557046052078_7833945780612906185_n.jpg

大好きなナマハゲ~!!!
ぜったいほしい!!
(ナマハゲ以外は、あんまりいらないかな・・)
400円・・・悩む値段だ。

19884171_1340557092718740_7940417634240403817_n.jpg

ナマハゲ出てくれ~!!!!!!

・・・

・・・

・・・

19961236_1340700199371096_9160496459753710875_n.jpg

仙台利久の牛タン定食フィギュアでした。

よくできてます。
すごくリアル!!!

19905393_1340700206037762_8816651799145520518_n.jpg

みちのくガチャ第一弾で見事に当てた
政宗様の像フィギュアと合わせて
仙台シリーズ揃いました。

でもやっぱり・・

19958908_1340700302704419_9046664174809452130_n.jpg

なまはげ欲しいなぁ・・・

| 旅・街 | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

竜の人

19275051_1318893661551750_5155942184227259089_n.jpg

雷門の風神雷神の裏には
竜人がいました。

左手には眼力の強い男性
右手には衣装が素敵な女性

日本的ではない顔立ちと衣装に
ぴろっと出ている尻尾。
とても珍しくて面白い。

| 旅・街 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年 京丹後 白拍子の旅(3日目:贅と羽衣伝説)

白拍子の旅の最終日。
舟屋での目覚めはさわやかでした。
海の香と波音って素敵です。



朝食も一階で海を見ながら。
このゆったり感がなんとも優雅でした。

1ine2asagohan.jpg

移動の都合上、早々にバスに乗り込み天橋立へ。
バスの車窓からは、きれいな風景や
いま京丹後がおかれている状況や、
今後変わっていくだろう軍の町の空気が見えました。

いろいろと複雑な心もちになるなぁ。。

2ido7tangorire.jpg 2ido8tangorire.jpg

天橋立から、
軍人のために作られた総ヒノキの高級な電車に。。
これ、電車ですよ。
普段は庶民でも普通に乗れます。。

お金ってこわいですね。

複雑な心境ではありましたが、
つかの間の贅沢を楽しみました~。

3mineyama2hagoromo.jpg

丹後ちりめんと羽衣伝説の里、峯山に。

駅前の大きな看板に「ハイテクタウンミネヤマ」と書いてあったけど
きっと、機織りの技術の第一線だった歴史が詰まっているんだろうなぁ~!

比沼麻奈為神社へ。

3mineyama5hinumanai.jpg

正式参拝したのは初めてかもしれません。
いろいろと面白い体験でした。
由縁なども複雑で、歴史の勉強を細かくしてから行くと
多くのことがもっと見えてきそうな気がします。

3mineyama6inasaku.jpg

月の輪田。
稲作発祥の地。

大陸から来た人は丹後半島から入ってきたのでしょうね。

4ido2tik.jpg 4ido3ooeyma.jpg

また天橋立経由で京都へ。
途中で大江山を通るのです。

大江山と言えば酒呑童子。

鬼の仲間としては、やっぱり気になるお山です。
いつかここにも行ってみたい。

京丹後は、
大和政権との対立の歴史と伝説が
裏歴史としてちりばめられていて面白いところでした。

対立すると表舞台からは消されちゃうけど
生き続けてる怨念のアートの息吹は美しいですね。

| 旅・街 | 14:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年 京丹後 白拍子の旅(2日目:伊根の舟屋)

白拍子ツアー、二日目はバスで
京丹後半島をぐるっとまわり伊根へ。
ここからは、桜井先生と先輩、私の三人での旅。

2ido1bus.jpg 3jackey3ayashii.jpg

バス停まできたものの、
二時間バスがなかったので(日曜ダイヤだった)、、
目の前の怪しいかカフェ、ジャッキーへ。

入口からすでに何かの部族的な
怪しい雰囲気が醸し出されています!

3jackey4madobe.jpg

湖に面しているので、とっても素敵な眺め(^^♪
美味しい水とサイフォンで淹れてくれるコーヒーは
柔らかい味わいと香りでした。

3jackey9majutu.jpg 18485680_1285076248266825_6513987994360244022_n.jpg

バッファーローの頭蓋骨の両目にを貫く竹刀、
木彫りの恵比寿様の腕にぶっさしてある尺八、
その他、鬼やら神やら仏やら、部族の面など
店内はカオスでした。
居心地はとってもいい感じ。
二時間ゆっくりくつろげました。

4ido1bus.jpg 18485486_1285076324933484_687213285136475048_n.jpg

バスで竹野神社へ。
竹野とかいて「たかの」と読みます。
輝夜姫伝説の神社です。

18485629_1285076421600141_6088245442146000386_n.jpg

静かです。
自然に溶けています。
小さいほうのお社の方が
とっても立派で雰囲気がすごいです。

おとぎ話や民話に隠された
歴史の裏を感じる神社です。

7tonbi2.jpg

バスの時間が半端なので昼食を食べに行く時間がなく、
バス停近くの草むらで、自分たちの持っている食料を
出し合って食べていると、
空賊トンビが飛んできました!!!!

しばらく飛びまわって狙っていました。
トンビとのふれあい♪
自然とのふれあい♪
怖いけど、生きている実感がわきました。

バスで経が岬へ。
海岸を走っていくので、バスの車窓から
海と水田の綺麗な風景が楽しめました。

8ido4suiden.jpg 8ido15gake.jpg
8ido6umitosuiden.jpg 8ido8umi.jpg

天気も良かったので、海が青かった♪


乗り継ぎ地点、教が岬に到着。
ここは京丹後半島の北端、大陸に一番近いところ。

9kyogamisaki1bus.jpg

バスが来るまで約1時間あったので
岬の展望所まで散策です。
山道を行くと、途中で山賊のような三匹のおサル軍団に遭遇。
カツアゲされるんじゃないかと恐る恐る通過。

自然にはたくさんの驚異が潜んでいますね。

展望所からさらに山登りして、さらなる展望所へ。
時間が限られているので、ハイスピードで登山&下山。

18485302_1285077438266706_3958483443268083823_n.jpg

修行でした。

ずっと傾斜が大きかったので、
白拍子の踊りの低い重心のまま上り続けるのは
まさに絶好の修行チャンスでした。

ぎりぎりバスに間に合い、さらに海岸線を進んでいきます。

9kyogamisaki6kyukei.jpg 11ido1suidenkirei.jpg

風景もきれいだし、バスの運転手さんが
見どころや歴史を教えてくれたので
楽しいバスの旅でした♪

12ine1bustei.jpg 12ine2shionoka.jpg

伊根に到着!
バス停の目の前がお宿「汐の香」

伊根は漁師の町です。
舟屋と言って、一階が船着き場になっている家に宿泊できます。

13hune1kameshimamaru.jpg 13hune16amome.jpg


ひとまず、
船に乗って海から舟屋の風景を楽しみ


カモメと戯れ、トンビにおののき

15sakaya2mukai.jpg 15sakaya4ice.jpg

地酒と地酒の酒粕アイスを買い
(古代米なので赤い日本酒なのです)

16dinner1susi.jpg

名物のへしこ寿司を食べ、
食後の散歩にと、また展望所まで散歩で登り、


舟屋の風景を鳥瞰で楽しみ、
下山ののち、
さっとシャワーを浴びてから
一階の舟屋で海の香を肴に宴会♪

IMG_7596.jpg

不思議とフナ虫がいません。
その代わり、猫がよく通ります。


地酒の「伊根満開」は古代米をつかった赤い日本酒です。
とても不思議な味で、マイルドなので女性向けな日本酒です。

IMG_7520.jpg IMG_7595.jpg

薬膳のような、フルーティなような
他では飲めない味と香りで、おいしかったです♪
(いくらでも飲めちゃう優しさでした)

二日目は
風景のきれいなバス移動と、
トンビやサル、カモメとのふれあいと
坂の上り下りが盛りだくさんな
楽しい旅になりました★

| 旅・街 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年 京丹後 白拍子の旅(1日目:網野神社で奉納舞)

白拍子の桜井真樹子先生と生徒一門で
京丹後へ奉納と学びのツアーに行ってきました★

1ido1tike.jpg

京都には何度も行きましたが、京丹後は初めて。
京都からさらに約3時間の電車の旅でした。

1ido2hashidate.jpg

今回の旅で、日本三景の天橋立は
乗り換えのみで何度も通過しました。
とても行ってみたいところですが、
タイトスケジュールのため電車やバスからのチラ見でした。
特急はしだてからの渓谷の風景はとてもきれいでした。

天橋立からさらに丹後鉄道で網野へ。
京都の日本海側、福井の若狭湾からつながる
入り組んだ海岸線が続く小さな半島の西の付け根あたり。
網野は浦島太郎伝説や静御前生誕の土地で有名なのだそうです。

一日目は、網野神社での白拍子奉納。

18556980_1288331891274594_2388433514066299939_n.jpg

由緒ある立派な神社と神楽殿でした。

静かな森に囲まれ、鳥が鳴く爽やかな空気の中で
初めての白拍子奉納。

歌と舞だけでなく、長袴さばきや
神社での立ち居振る舞いなどなど
心配事はたくさんありましたが
少しづつですが毎日のように練習をしていたので
緊張しすぎることなく、よい心持ちでいられました。

やっぱり日々の鍛錬の積み重ねは力になります。

改めて基礎や装束の着方たたみ方などなど
一から指導してくださった先生や
サポートしてくださった先輩方、
一緒に鬢多々良を踊ったKさんにも
本当にお世話になりました。

網野神社の宮司さんも大変楽しい方で
祝詞も楽しく素敵でした。

こんな素晴らしいところで歌舞を奉納できたこと
ほんとうにご縁に感謝します。

また二年後に奉納できるように
さらにお稽古にも力が入りそうです。

奉納の後は、白拍子ツアーということで
京丹後の伝説や歴史をめぐる二泊三日の旅に
ご一緒させてもらいました。

網野は白拍子のカリスマ、静御前の出身地でもあります。
網野神社からタクシーで5分、磯族の海岸に石碑があります。

3shizuka1seitan.jpg

日本海を臨む海岸の丘は
開放的ですが静かなせいか
どことなく哀愁が漂います。

3shizuka2seitan.jpg

海の水はきれいでした。
磯の香が強いです。

3shizuka7jinja.jpg

近くには静神社もあります。
白拍子を学んでいるからにはここは外せない神社ですね。

3shizuka8jinja.jpg

このあたりの人の舞踊力はかなり高いそうです。
地元の人が舞うお祭りなんかも見に来たいなぁ。

4uchiage1daiginjo.jpg

宿の近くの酒屋さんで地酒を数本ゲット♪
これが一番人気でした!

京丹後もお酒の名産地だそうです。
水がきれいだし、米どころ(稲作発祥の地)ですもんね。

| 旅・街 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT